1. >
  2. >
  3. 福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーター

階段

高齢化において注目の集まる検定試験

この資格は、要介護者が自立して居宅で暮らせる住まいの環境を提案することを業務とします。
医療、福祉、住宅建築に関する知識を持ち、様々な分野の専門家と密に連携をとりながら要介護者に適切な住宅改修をアドバイスします。

高齢者や身体障害者が求めるバリアフリーは、単に段差をなくしてスロープを付け移動を可能にすることだけではありません。
各個人それぞれによって、自宅で暮らすために求める改修は千差万別です。

要介護者の求めに合致する住環境をアドバイスして実現するためには、介護、建築を始め様々な分野のエキスパートの意見を聞き調整する知識と能力が求められます。

日本は既に超高齢社会に突入しており、さらに進展することは確実です。
そのような状況において、住宅リフォームを始め様々な業界が高齢者を意識したビジネスに乗り出しており、医療、福祉、住宅建築に関する総合的なノウハウを持った福祉住環境コーディネーターは社会的に需要の高い存在となっています。

また国も、介護予算の増大のため、介護政策の方針を施設から在宅へと舵を切っており、要介護者に優しい住宅は益々需要が伸びる傾向にあります。

居宅に住み続けるには適した住まいが必要

現在では新築の住宅はバリアフリーが常識化してきました。
しかし現実に要介護状態となった場合それだけで同じ住居に住み続けることが出来るわけではありません。

例えば、半身に麻痺が残るような脳血管疾患を患った場合、麻痺側が左か右かで必要な手すりの位置も違いますし、どのような生活を送るかで床をフローリングにするか畳のままでよいかも異なります。

また車いすで生活するにしても、バリアフリーだからOKというわけではなく、洗面台にヒザが入るか、そこまで車椅子はいけるかなど、介護の知識と住宅建築の知識双方を持ち合わせてベストミックスを探らなければ解決できない問題は山積です。

要介護者とその家族が満足度を感じてより快適に暮らすためには、対策を考えるコーディネーターが住環境を始めとする幅広い知識を持ち、さらにその限られた対策を組み合わせることにより、始めて実現するのです。

コーディネーター検定の概要

1~3級まで難易度ごとにレベルが区分されます。
1級は例年11月の年1回、2級と3級は例年7月と11月の年2回実施されます。

2級・3級については受験資格が設けられておらず、2つ同時に受験することも可能です。
1級は2級合格者のみが受験可能です。

2級・3級はマークシート方式で7割以上の正答率で合格とされます。
1級は前半2時間がマークシート方式で、後半2時間が記述式と長時間にわたる検定試験でいずれも7割以上の正答率で合格という、集中力が求められる検定となっています。