介護職員の給料

形態等によって異なる介護職員の給与

ひとまとめに介護職員と言っても、特別養護老人ホームや老人保健施設などの夜勤シフトもある介護施設で働くケースや夜勤の無いデイサービスや訪問介護など様々な勤務形態があり、一律に給与を比較することはできません。

手当の有無や日給制か月給制かの違い、さらには地域ごとにも差もあり、それらの点は考慮しなくてはいけませんし、会社と同様に施設の規模や経営状況による差もあります。
しかし、介護職を目指したり転職先を探したりする際には気になる点ですので、ある程度のチェックをしてみましょう。

なお、中途採用の場合、給与に差が出てしまう要因のトップは保有している資格で、次いで経験年数、さらに介護技術・実務能力の順番となっています。
保有資格の中で、どのような資格が給与を左右するかのアンケートでは、有利な資格のトップに介護福祉士、次いで介護支援専門員(ケアマネジャー)、さらに介護職員初任者研修と続いています。

2013年度の厚生労働省調査に見る介護職の給与水準

厚生労働省の統計からみて、月給で常勤の場合で比較すると、平均給与水準が高い順に、特別養護老人ホーム(いわゆる特養)のスタッフの平均給与が月額302,000円強、続いて介護老人保健施設(いわゆる老健)の約291000円、さらに訪問介護事業所の約260,000円と続きます。

ところが、日給の常勤の場合でみると、介護老人保健施設(老健)が月額約260,000円強(日給で1.2万円)と最も高く、次に介護療養型医療施設(療養病床)が250,000円弱(日給で1.2万円)、訪問介護事業所の約220,000円(日給で1万円強)が続いています。
月給でトップだった特別養護老人ホーム(いわゆる特養)は20万円強とやや低位です。

給料は仕事継続のモチベーション

特に介護の仕事は、お金のためというより、人と接することなど仕事にやりがいを感じて働く人が多い職場です。
しかし、仕事遂行の上では、利用者だけでなくその家族との接し方など、肉体的にも精神的にもストレスを抱えやすい職場でもあります。
そんなとき、給料は仕事をするうえで大きなモチベーションとなってくれます。
努力した分はそれに見合う給料をもらいたいのは当たり前です。

短期的に所得の増加を目標に考えれば、夜勤に入る回数を増やしたり、副業で他の介護事業所のバイトをかけ持ったりする等の選択もあります。
しかし、目の前の収入のために身体を壊してしまえば元も子もありません。

もし、現在の介護の仕事の待遇に不満や悩みがある場合は、我慢することなく、他の介護の職場の求人サイトなどで待遇等をチェックしてみてください。
現在の職場は本当に待遇が悪いのかどうかのチェックもできますし、もし本当に悪いようであれば転職を考えてみることも選択肢の一つです。