1. >
  2. >
  3. 社会福祉士とは

社会福祉士とは

グッド

福祉の世界のトップレベルの資格

社福士と略されるこの資格は、1987年に制定の法律に基づく、福祉関連業務全般に関わる資格で、社会福祉士の試験に合格しなくては名乗れません。

法律において社福士は、プロの知識と技術を以て、身体面・精神面の障害等が原因で日々の暮らしをスムーズに送れない人の福祉に関連する相談に乗ったり、アドバイスしたり、医師等と連携を保って援助する仕事をする旨が規定されています。

社福士の資格は、国家資格ではありますが、医師や税理士のようにその資格が無ければその仕事が出来ないという性質の資格ではありません。
名称独占といって、この試験に合格していない人は社福士という肩書を用いてはならないという性質です。

ですから、社福士の資格を持たなければ、この業務ができないという仕事もありません。
しかし、社会福祉士資格は福祉に関連する資格の中ではトップに位置するレベルの高い資格であり、この資格を有していることは、福祉のエキスパートとしての水準の高さの証です。

有資格者が増加すれば、福祉の世界である分野を実質的に独占して担うことも考えられる資格です。

社福士の業務

社福士は、加齢や障害、経済環境等様々な原因により、日々の暮らしをスムーズに送れない人からの相談に耳を傾け、安定した暮らしに向けて支援するのが業務です。

受ける相談内容は幅広く、高齢者介護のみならず障害者、生活保護等、福祉関連分野全てが守備範囲なのです。

例えば高齢者が介護保険制度の適用を受ける際には、介護認定手続きから受けるべき介護サービスのアドバイス、介護施設への入所、経済的問題等、相談内容は実に多岐に渡ります。

介護など様々な問題に悩む相談者の声に耳を傾け、適切な公的援助など受けることが可能なサービスを結び付け、解決法をアドバイスします。

社会福祉の各制度に関連する豊富な知識と経験を持った社会福祉士は、福祉分野のプロ中のプロともいえる存在なのです。
単に福祉の知識のみならず、介護の技術の基礎や介助の方法、さらには基本的な医学や看護、心理学等、求められる専門分野の広い仕事でもあります。

福祉の相談業務は社会福祉士の資格がなくても可能

社会福祉士と名乗るためには、国家試験に合格することが必須の条件ですが、「社会福祉士」の資格が無ければ出来ない業務がある訳ではありません。

様々な福祉関連施設で相談をメインの業務として働いている人は、働いている福祉施設によりその呼び名が異なります。

病院であれば医療ソーシャルワーカー、老人介護施設であれば生活相談員といった具合に肩書は違い、逆にこれらの肩書の人の全てが社福士でもありません。

例えば生活相談員の名称では、現在、各地で約10万人が働いていると言われますが、社福士は、各組織のリーダー的役割を持って多くの生活相談員を束ねます。