1. >
  2. >
  3. 精神保健福祉士

精神保健福祉士

悩んでいる男性

活躍する場所と業務の内容

精神上の障害を持つ人本人やその家族からの相談を受けて、社会に参加できるためのアドバイスなど、様々な支援を行います。

メインの勤務場所は病院や福祉施設で、支援する精神上の障害を持つ人がスムーズに日々の暮らしを営めるよう、関係する役所や施設などの機関と連絡・調整をしたり、入退院に関する各種の相談に乗ったりします。

そして精神障害者の社会復帰を後押しし、雇用と福祉を結びつけて、精神障害を有していても自立して社会の中で活躍できるよう支援します。

また近年は、複雑化した日本の社会全体が抱える「心の問題」という大きな課題が生じています。
教育機関や一般企業では従業員向けのストレス対策やメンタルケアのために、精神保健福祉士が活躍する例も増えてきました。

社会福祉士は福祉関連のすべてが守備範囲であるのに対し、精神保健福祉士はあくまでも精神障害者やその家族など関係者のみに対する支援のプロフェッショナルです。

資格取得を目指すには

この資格を得るには、毎年1度実施の国家試験に合格する必要が条件です。
その国家試験の受験資格取得のためには、大きく分けて次の4つのルートがあります。

・福祉系の4年制大学で定められた課程を終える。
・福祉系の短期大学で所定の課程を終えた後、病院や福祉施設において精神障害者や家族の支援実務を1~2年間経験する。
・福祉系ではない一般の4年制大学を卒業後、定められた専門学校などの養成施設で1年以上学ぶ。
・福祉系以外の短大を卒業後、病院・福祉関連施設において精神障害者及びその家族の支援を1~2年経験したのち、定められた専門学校などの施設で1年以上学ぶ。

上記のルートの何れかを経て国家試験に合格すれば、その後、病院や福祉施設に就職する人が多いです。

精神保健福祉士の魅力

精神保健福祉士として働く方の大部分は精神科の病院や精神科デイケア等の施設で精神上の障害を持つ人や家族と接して働きます。
精神障害を患う方には、自分がおかれた状況が理解できず、混乱する人も珍しくありません。

特に急性期の患者は、半ば強制的に入院させられ、周囲全てから突き放された思いを持つ人も多いです。

投薬など直接の病気の治療と異なり、第3者的な立場で患者と接していき、定期的な相談業務の中で患者や家族と深く関わり、今後の方針を少しずつ話し合いを進めます。
そして精神障害者が、社会の中で暮らす1人の重要な存在として退院し社会復帰するまでの支援を行います。

患者は孤独感を強く持つ人が多く、ネガティブな感情を持っているケースも多いだけに、相談の後、感謝の言葉をもらったり、会う前よりも笑顔になったりすれば大きな喜びで、やりがいを感じることが出来る仕事です。

患者の人生に深く関わりを持ち、将来のことを一緒に考えて患者の気持ちを明るくするという使命感が心の支えです。