1. >
  2. >
  3. 社会福祉協議会とは

社会福祉協議会とは

握手

社会福祉協議会の業務内容

社会福祉協議会は、公的ではない一般の社会福祉に関する活動を推し進めるために設けられた非営利の民間組織です。
戦後間もない1951年に制定された社会福祉法にのっとって設置されている団体です。

単位は地域ごとに設置されており、各都道府県、各市区町村単位に、地元に根差して生活する個人や民生委員、社会福祉施設等多くの関係者や組織が集まって組織されます。
地域の住民が馴染みのある住みなれた街で安心して長く暮らしていける「福祉の街作り」を目指して様々な活動を行っています。

例を上げると、公民館などで行われる各種の福祉関連相談の実施、ボランティア活動、募金活動等オールジャパンの施策、地域独自の固有の活動など、多様なシーンで地域の福祉活動に関わっています。

市区町村単位の協議会

様々な単位で組織されていますが、地域に根差し、最も身近で私たちに密接で目に見えやすいのが各市区町村単位で組織された社福協です。

高齢者や障害者が自宅でスムーズに暮らしていくことを可能にするために、訪問介護をはじめ、様々な福祉サービスを行い、地域に固有の特質に合わせたニーズに対応するべく、独自の福祉活動を工夫しています。

また、その地域のボランティアたちと密接に協力しあい、高齢者や障害者などが孤立せずに気軽に集まれる集会を設ける活動をしたり、ボランティア活動に関連した各種の相談や活躍の場をあっせんしたり、学校で福祉関連教育の啓蒙等、地域福祉を担うセンターの位置づけです。

このように市町村単位で組織された社会福祉協議会は、地域の様々な人々・機関とのつながりを持ち、地域の福祉の第一線で活動します。
高齢者・障害者の介護や子育て等で悩みがあるときは、積極的に社会福祉協議会に相談して良いアドバイスをもらいましょう。

都道府県単位で組織された社福協

都道府県社福協は、地域密着というより、県等の全域での大所から見た社会福祉を拡充のために活動を行います。

具体的には、認知症や知的障害により、ものごとの判断能力に不安のある人に対し福祉関連サービスを利用できるよう支援したり、日々のお金の管理を行ったりするなど、市区町村社会単位の福祉協議会とタイアップして活動します。

介護保険サービスなどを含み福祉全般に関連する苦情の相談を聞きとり、公平な第3者の立場からアドバイスをしてくれます。
個別のトラブル解決を通して、サービス提供事業者を指導して、利便性アップに向けサービスの質の向上を目指しています。
さらに、将来に渡り良質な福祉サービスを確保できるよう、「第3者評価事業」でサービス利用者の安心・満足を充実させるべく取り組みます。
震災など大きな災害が起きれば必要に応じて、市町村と協調してボランティアセンターを作り被災地援助も行います。

また、これらの地方組織が集まった全国組織として全国社会福祉協議会が設置されています。
これは福祉制度全般の改善に向けた施策検討や福祉関連の図書の発行など規模の大きな事業を行います。