1. >
  2. >
  3. 助成金制度の基礎

助成金制度の基礎

お金

企業を対象としたもの

助成金とは国や公的機関が行う金銭給付であり主に企業を対象としたものです。
補助金や奨励金というものがありそちらと勘違いする方が多いです。
しかし、助成金というのは一般的には企業をターゲットとしている点に特徴があります。

助成金は厚生労働省が管轄しているためです。
一方、補助金に関しては厚生労働省以外の団体が行っている支給のことであり、その多くは経済産業省所管となっています。
助成金の大きな特徴は返済不要であるという点です。

国が打ち出した雇用政策に関連した企業活動を行っている場合に支給されます。
つまり、国が自らの政策に対して企業を誘導させようとするために存在するのが助成金といえるでしょう。
助成金は一定の要件を満たしていれば受け取ることができて、融資ではないため一切返済する必要がないのです。

助成金額は数千万円規模となることもあるため、企業経営においてとても重要な存在となります。
助成金を上手く活用することによって、多くのお金を得ることができるからです。
たとえば、非正規労働者を正規雇用にすることを実施した企業に対して助成金が支給されます。

これは政府の方で非正規雇用の問題を解決しようとしているため、そのような政府の思惑通りに経営を進めている企業に対してお金が与えられるのです。
このようにとても便利であり、有効活用すれば企業にとっては大きなメリットがあるのが助成金です。
しかし、多くの企業は助成金を有効に扱うことができていません。

助成金の実態

助成金を活用していない企業が多いのには理由があります。
まず、そもそも助成金という制度があることを知らない企業が未だにたくさんいます。
これは政府の方できちんと周知させるような努力をしていない点にも責任はあるでしょう。

また、助成金のことを知っていたとしても具体的にどのように活用すればいいのか分からないという企業も多いです。
助成金の制度は頻繁に変更されるため、最新情報を上手くフォローできていない企業もあります。
受給するための手続きは複雑であり、とても面倒なため助成金を敬遠している企業もあるのです。

このような理由によって助成金を活用していない企業が多いのですがそれはとてももったいないことです。
確かに複雑な部分はあるのですが、きちんと情報収集をして適切な手続きを取ることによって、有効活用することは可能です。
本来であれば助成金を受け取れる要件を満たしているにも関わらず申請していないために倒産したというケースもあります。

助成金によって数千万円というお金を受け取れる可能性があるのです。
特に中小企業を経営している方にとっては助成金は重要なものとなります。
資金繰りは企業にとっては大きな課題となっていることであり、そのためにも助成金を活用するべきなのです。

Categories: 福祉の基礎