1. >
  2. >
  3. マイナンバーの基礎

マイナンバーの基礎

マイナンバー

個人番号

マイナンバーとは国民に12桁の個人番号が与えられることです。
一生使うことになる大切なものであり、基本的に一生変更されることはありません。
色々なメリットがあるため、マイナンバーが実現されることになりました。

大きなメリットとして、マイナンバーによって行政の効率化を実現することができます。
行政機関において情報を照合したり、入力や転記をする際の効率はとても良くなります。
番号ごとにそれぞれの情報が管理されているため、無駄を削減して、正確な仕事ができるようになるのです。

国民にとってもマイナンバー制度はとても利便性のあるものとなっています。
添付書類が削減されるようになり、行政手続きはとても簡単です。
マイナンバーによって行政機関が自分に関するどのような情報を持っているのか確認することができます。

また、マイナンバーによって色々なサービスの情報を受け取ることも可能です。
マイナンバーはそれぞれの色々な情報を把握しやすくなります。
どれくらいの収入があり、どんな行政サービスを受けているのかが一目瞭然となるのです。

これによって、たとえば脱税をしていたり、国民年金や国民健康保険料を支払っていない方が分かります。
あるいは不当な負担をしている方がいればそれをすぐに発見できるでしょう。
公平な扱いを受けられるようになり、困っている方はきちんと支援を受けられるようになるのです。

マイナンバーはどのようにして実現するのか

マイナンバーは住民票を持っている方に対して通知されます。
外国籍の方であってもマイナンバーは発行されます。
平成27年10月から日本で住民票を有している方に対して簡易書留により通知されるのです。

マイナンバーが通知されてから市町村に対して申請をすることによって個人番号カードを受け取れます。
これを利用することによって、身分証明として利用したり、さまざまなサービスを活用が可能です。
個人番号カードには氏名や住所といった基本的な情報の他にマイナンバーが記載されています。

電子証明書としても活用できます。
たとえば印鑑登録証や図書館カードとしての利用も可能となります。
ただし、住基カードと個人番号カードを重複利用することはできないため気をつけましょう。

平成28年の1月からは社会保障や災害対策、税金などに関連する行政手続きにマイナンバーが必要となります。
確定申告をしたり、年金や雇用保険の確認や給付を受ける際にはマイナンバーの利用が必須となるのです。
そして、平成29年の1月からはインターネット上で個人情報の確認をできるようになります。

マイナンバー制度が実現することによって、さまざまなメリットがあり、生活はとても便利となるでしょう。
個人情報がむやみに提供されることはないため安心してください。

Categories: 福祉の基礎