1. >
  2. >
  3. 視能訓練士の資格

視能訓練士の資格

光

医療従事者である

視能訓練士とは国家資格であり、医師から指示を受けて視能検査をしたり、訓練治療に関わる医療従事者のことです。
また視能検査とは視力や視野をはじめとしてさまざまな検査が存在しています。
これらの検査を正確に行うことによって適切な治療を施せるため、視能訓練士の存在はとても重要です。

また、両眼視機能に障害のある方に対して機能回復のための矯正訓練を提供するという大事な仕事もあります。
人間にとって目は最も重要な器官の一つといえるでしょう。
なぜならば人間は目で物を見ることによって外界を認識して安全に生活することができるからです。

視能訓練士法が昭和46年に制定されてからこれまでに1万人近くの有資格者が誕生しました。
当初視能訓練士は専門分野のみを業務としていたのですが、現在はさらに幅広い活動をしています。
眼科診療所で働いている方が最も多く、他にも私立病院や公立医療機関で働いている方がいます。

視能訓練士の業務内容は視能検査と視能矯正を柱として、他にも検診業務やリハビリ指導なども行っています。
目に関することを総合的に扱っており、健康的な目を維持するためのお手伝いをしています。
視能矯正とはたとえば斜視や弱視といった症状を訓練指導によって回復させることです。

検診業務とは眼疾患の早期発見や早期治療を実現するために大切です。
視能訓練士が検診業務に参加することによって、多くの方が眼疾患の予防を実現するための手助けをします。
視力低下している方に対しては視力回復のためのリハビリを実施します。

視能訓練士になるためには

機能訓練士になるためには国家試験を受験してそれに合格する必要があります。
受験資格を満たしている必要があるため注意しましょう。
毎年2月頃に試験は実施されます。

視能訓練士の養成施設は全国に25校存在しており、そちらで専門的な知識やスキルを習得してから視能訓練士になるのが一般的な方法です。
受験資格は視能訓練士養成所を卒業するか、指定科目を履修した短大卒以上の方が視能訓練士養成所に1年以上修業する必要があります。
あるいは外国にある視能訓練士の学校を卒業した方にも受験資格は与えられます。

国家試験に合格することができれば、視能訓練士として働き始めることができます。
大学病院や国公立病院、眼科医院などで活躍している視能訓練士はたくさんいます。
全国各地に眼科医院は存在しており、視能訓練士は需要のある存在です。

あまり目立つ存在ではないのが視能訓練士ですが、眼科治療にとっては欠かせない存在であり、とても重要な役割を果たしています。
皆さんの中にも普段視能訓練士の方にお世話になっている方がいるでしょう。
これから眼科医院を利用する際には視能訓練士という方がいることを意識しましょう。