1. >
  2. >
  3. 手話通訳士の資格

手話通訳士の資格

手・サイン

法や政治に触れる場合は資格が必要

手話通訳者のための公的資格が手話通訳士です。
そして手話通訳士は聴覚や言語、あるいは音声機能に障害を持っている方のために手話通訳を行う者のことです。
手話通訳に関する知識と技術を持っていることを証明するのが手話通訳士となります。

こちらの資格は医師のように業務独占ではないため、資格を持っていない方でも手話通訳をすることは可能です。
ただし、政見放送や裁判などに関しては確かな技術が求められるため、手話通訳士の資格を持っていることが求められます。
平成元年から認定がスタートしました。

手話通訳士はさまざまな現場で活躍しています。
学校や病院をはじめとして、企業や官公庁などでも聴覚障害者の方のために手話通訳士は仕事をしています。
手話通訳士はとても重要な存在であり、こちらの資格を有している方は日本に約3,000名います。

基本的に現代社会というのはノーマライゼーションを目指しています。
これはどのような方であっても同じように健康で豊かで幸せな生活を送る権利があることを基本として、誰もが同様の生活を送ることを目標とすることです。
そのような理想的な社会を実現するためには、社会的な弱者とされている障害者の方に対する徹底的なサポート体制が必要となります。
そして、手話通訳士というのは、人間の基本的な機能である聴覚機能が失われてしまった方のために大きな役目を果たしています。

手話通訳士になるためには

手話通訳士になるためには認定試験に合格しなければいけません。
試験は年に1回開催されています。
また試験に合格したならば、手話通訳士として登録をすることによって、さまざまな活躍の場が開けます。

登録者はホームページ上に名前と登録番号が掲載されます。
これによって、自分自身の能力を証明することができるため、求職活動に役立てることもできるでしょう。
手話通訳の仕事をしている者の資質を向上させるためにも手話通訳士の制度というのは大きく寄与しています。

聴覚障害者の方でも当然社会に参加する資格はあります。
しかし、その際には聴覚が正常でないことが障害となってしまう可能性は高いでしょう。
そこで手話通訳士の出番なのです。

手話通訳士のおかげで聴覚障害者の方が直面するさまざまな困難を解決することができるのです。
現在では、たとえば政見放送の際にどの都道府県での手話通訳が導入されています。
行政機関の窓口に手話通訳士を配置するケースも増えています。

社会の隅々にまで手話通訳士を配置することが求められているのです。
したがって、これからはますます手話通訳士の需要は高まっていくでしょう。
誰もが安心して暮らせる社会を作るための重要な役割を果たすのです。
これからはさらに手話通訳士の身分を改善していくことが課題となっています。