福祉施設の虐待事件

注意点

福祉施設といえば障害を持っている方やお年寄りなどが入居しており、さまざまな援助を受けながら快適な生活を送っているとイメージしている方が多いでしょう。
実際、大部分の施設においては入居者達は充実した生活を送っています。
しかし、一部の施設においてはなんと入居者を虐待するような事件が起きているのです。

たとえば、ある施設においては利用者を骨折させたり性的虐待をしたという事件がありました。
そのような施設に対しては新たな利用者の受け入れを停止させるという処分が行われています。
社会的にも認められている福祉施設において虐待事件が起きてしまうのは社会にとって大きな損失となります。

たとえば、犯罪を繰り返してしまう知的障害者に対して支援を行う施設があります。
そのような施設で虐待事件が起きてしまうと、その施設を利用できなくなります。
その結果として、本来支援を受けるべき人達が不幸になるばかりでなく、社会全体にとっても不幸な結果を招くことになるのです。

福祉施設における虐待の問題は多くの関係者にとっての課題となっています。
自分の勤務している施設には無関係だと決めつけることはできないのです。
どのような福祉施設であってもこのような虐待は起こりうることが指摘されています。

虐待事件が生じる理由

福祉施設において虐待事件が生じる理由はいくつか指摘されていいます。
まず、このような事件が起きた時に検証作業をしているのが実際に働いている方ではなくて経営者であることが多いです。
福祉経営者の中には現場の実態を知らない方がたくさんいます。

そのような方が検証作業を行ったとしても、きちんとした改善策を考え出せるはずはないのです。
その結果として、どのような施設であっても似たような改善策が提言されてしまい、再発防止の実現が困難となっている現実があります。
このような施設マネジメント側の問題があるために、虐待がいつまで経っても続いてしまうのです。

福祉施設においては労働環境の悪化が指摘されていることが多いです。
賃金が安くて、休日も少なく、劣悪な環境下での労働を強いられている方はたくさんいます。
そのような状況が続けば、労働者に大きなストレスが蓄積していき、それを発散させるために虐待事件が起きたとしても不思議ではないでしょう。

虐待事件が起きるのには必ず何らかの理由があると考えられます。
虐待とは無縁の施設も多数存在していることからもそれは分かるでしょう。
もっと真剣に議論をして、意味のある解決策を提案することから始めるべきです。

そして、これ以上福祉施設での虐待事件という痛ましい事態が生じないように努めるべきでしょう。
福祉施設における労働者の扱いの悪さが引き起こしている事件といえるのです。