1. >
  2. >
  3. 幸せな老後を迎えるために

幸せな老後を迎えるために

老後の資金

老後は多くのかたは年金暮らしをするようになり、収入は年金のみとなる方が多いので、それまで老後の資金を蓄える必要はあります。
一般的には夫婦二人で老後を過ごすには1億円が必要と言われていますが、これは豊かに暮らした場合になります。
節約できるところを節約すると、さらに少ない資金で済みます。
節約して暮らせば3,000万円ほどでも十分生活は出来ます。
退職金が1,000万円から2,000万円ぐらいなので、残りを貯金や投資で用意しておくと良いでしょう。

しかし条件としてはやはり老後は年金をもらえることが前提です。
老後の収入がまったくないとなると、貯金が減っていくばかりなので、やがて生活が成り立たなくなる可能性があり、これは良くありません。
さて老後の収入としては年金の他に、シニア向けのバイトなどがあります。
もちろん老後の収入は多いほど幸福と感じる人も多いですが、5万円ほどの収入でも幸福と感じる方はいます。
やはり老後にどのような生活をするかが重要であり、質素な生活をしても幸福だと感じる方はいます。

老後を健康に送る

老後も幸せに暮らすなら、やはり健康であるということは重要です。
寝たきりになったり介護が必要では、幸福という生活にはほど遠くなります。
健康になるためには、定年退職後に急に健康管理をするのではなく、若いときから体には気を使わないとなりません。

健康管理は日々の生活で自身の体を管理しなければならず、以下のことは体を早く劣化させます。
・喫煙習慣
・運動しない生活
・血圧が高い
・血糖値が高い
・コレステロール値が高い
・肥満
・偏った食事

特に日々の生活で誰でも行えるのは、運動とバランスの良い食事であり、これは日頃から気をつけるべきでしょう。
特に食事は体を作るので大切です。
また歳を取れば自然と筋力は弱り体は劣ってくるので、運動で体力や筋力の低下を防ぐべきです。

突発的な病気や事故、遺伝的な病気は仕方がありませんが、少なくとも日々の生活を健康に過ごせば病気にはなりにくくなります。
どうしても今の日本だとデスクワークや濁った水や空気など悪い環境で生活しやすいので、意識して運動や食事管理はすべきでしょう。
健康な老後を送るならピンピンコロリが一番であり、これは周囲にも迷惑をかけません。

ただしどのような生活が幸せだと思うのかは、その人の価値観によります。
日頃から好きな物を食べてお酒を飲むような生活に幸せを感じる方もいますし、逆に質素な生活が良いという方もいます。
食事や運動に気を使って老後も健康な生活を目指すというのも一つの方法ですが、若いときに好きなことをして人生を太く短く生きるというのもその人の価値観かもしれません。

Categories: ニュース