1. >
  2. >
  3. 障害福祉サービス

障害福祉サービス

家

多様になってきた障害福祉サービス

障害者は身体面や精神面の状態の質も程度も人それぞれにまちまちで、それぞれの障害に合ったサービスが多様に用意されています。
主な障害者福祉サービス内容とその体系を見てみます。

在宅サービス

日々の暮らしを営むのに差しさわりのある障害者がいる居宅にホームヘルパーが訪問して、食事の介護や入浴・排せつの介護などの身体的な介護、洗濯、掃除などの家事関連の援助を受けられます。

また生活全般にわたる相談に乗ってくれたり、アドバイスなどの援助が受けられます。

障害者支援施設など設備・スタッフ面で受け入れ体制の整った、適切に障害者の援助ができる施設に日帰りで通い、入浴や排せつ、食事介助などの介護を受けたり、レクレーション活動の機会の提供を受けたりすることも出来ます。

居宅で介護を担う家族の体調不調や休養の理由で一時的に居宅での介護が出来なくなる場合があります。
このようなとき、支援施設等設備・スタッフ面で援助体制の備わった施設で、宿泊を伴う短期間の入所サービスを受け入浴、更衣、排せつ等介護サービスを受ける事も出来ます。

また、行動援護として障害者の行動時に発生しうるリスクを避けるべく必要な支援や、外出時の食事介助や、交通機関の乗降援助などのガイドヘルプなどのサービスを受けられます。

施設入所支援サービス

居宅での暮らしが困難な場合、障害者支援施設など設備・スタッフ面で受け入れ体制の整った施設に入所して、入浴、排せつ、食事介助などの介護、生活全般にわたる相談や助言などの支援が受けられます。

また、その地域で共同生活が可能な障害者の場合、主に夜間、グループホームで入浴、排せつ、食事など暮らし全般の援助が受けられます。

自立訓練(機能面・生活面)

障害者が施設や事業所に通所したり、逆に施設などからスタッフが居宅に出向いたりして、理学療法、作業療法などのリハビリや入浴、排せつ及び食事など自立して暮らすための訓練を受けられます。

また、宿泊型自立訓練として知的障害者や精神障害者を、居室などの設備を提供して、宿泊を伴って家事等の日々の暮らしを送れるように支援したり、生活に関連する相談やアドバイスなどの支援が受けられます。

就労移行支援

仕事につくことを希望する65才未満の障害者で、就職が出来ると見込まれた場合、職場体験の機会の紹介や就労に必要な一般常識などのスキルアップの訓練を受けられます。

障害者福祉サービスの体系

大きく分類すると2つに分けることが可能で、上記のうち在宅サービスと施設入所支援サービスは介護給付、自立訓練(機能面・生活面)と就労移行支援は訓練等給付に分類されます。
他に、住居が必要な人に、安い賃料で部屋を貸し、生活できるよう支援するなどの地域生活支援事業、さらに1人で暮らす障害者等と常に連絡がつくようにして、緊急なときに支援をするなどの相談支援事業があり合計4つの体系に分類できます。

Categories: ニュース