1. >
  2. >
  3. 大人用紙おむつの選び方

大人用紙おむつの選び方

排せつ介護の大変さ

毎日の介護の中で排せつ介護はとても大変なものです。
介護をする人にとってもされる人にとっても苦痛になることがあります。
お互いに気持ちよく生活するためにも、介護のストレスや負担を解消するためにもおむつ選びは重要です。

生活リズムや体調、体格を考えておむつを選ばないと身につける人も使い心地の悪さを感じてしまいます。
毎日のことだからこそしっかりとその人に合ったものを選ぶことが大切です。

おむつ選びのポイント

おむつは外側に使うアウターと内側に使うインナーという二つがあります。
アウターとインナーが適切な組み合わせのものを選ばないと漏れてしまったりは着心地が悪かったりという不具合が出てきてしまうのです。

そこで、まずはアウターから選んでいきます。
アウター選びのポイントは一人で歩くかどうか、座るかどうかといった体の状態や体格、利用者の好みがかかわってくるものです。
一人でトイレに行くことができていたりトイレ介助がひつようであったりする場合にはパンツタイプの方が着脱がしやすいですし、寝て過ごす時間が多い人はテープタイプの方が使いやすいとされています。

次にインナー選びです。
これは性別や使用する時間帯、尿量といったもので決まります。
尿取りパットはパンツタイプとテープ止めタイプのどちらにもそれぞれに合ったものがありますし、使用する時間によって昼用と夜用があるのでそれぞれに合ったものを付ければ問題ないです。

昼用と夜用途の違いは上停めることのできる尿量の違いがあります。
夜用の方が交換できる頻度が下がるため吸収できる量が多いです。
吸収量が多くなることによって横になっていても一晩中漏れることなく使えます。

やはり、尿が漏れることが出てしまうと介護者も被介護者もストレスがたまるものです。
被介護者は洋服や布団が濡れることで不快感がありますし、介護者に迷惑をかけるという精神的負担も出てきてしまいます。
また、介護者にとっても尿漏れがあると、布団から衣類すべての洗濯が必要となりますし、そのための介助がさらに必要となることは介護の負担にもなりますし腰を痛める原因となってしまうことにもつながるのです。

介護は一時的なものではなく長期にわたって行われます。
そのためできるだけ被介護者にとっても介護者にとってもできるだけ精神的な負担が少なく行えることが大切です。

また、デリケートな部分の問題であるためできればすべてを介護者に行ってもらうのではなく被介護者が自分でできることはしたいと思うこともあります。
そこで被介護者の気持ちを尊重しながらもできるだけ両社に負担のかからない方法でのトイレ介助が必要ですからおむつ選びはとても大切です。

Categories: 介護の基礎知識