1. >
  2. >
  3. 介護業界の「人材定着」に本気で取り組む自治体

介護業界の「人材定着」に本気で取り組む自治体

介護業界の人材不足

介護業界では人手不足が長く問題となっています。
仕事が忙しいこと、大変なことによっての離職率の高さ、もともと介護業界を志望する人の少なさなどが原因です。

介護業界では毎年24万人近くの人が仕事に就いているにも関わらず毎年22万人以上が離職しているといわれています。
さらに、離職している人たちの半分以上は他業種に転職しているのです。
そのため介護業界を志して働きだしたにもかかわらず多くの人が1年程度で介護業界から離れて他の仕事をしてしまっています。

そこで、こういった離職率の高い状況を解決するためにも組織改革が必要ですし自治体としても取り組みが必要です。
ここでは実際の取り組みとして成功している事例を紹介していきます。

働く女性への手厚い補償

男女雇用機会均等法が制定され女性の社会進出が当たり前になったことで、最近では多くの女性が結婚し出産後も仕事をしています。
長引く金融不安や不況の影響もあり、女性でも正規雇用で働きたいと思っている人は多いです。
そういった働き方をしたいと思っても今までの介護業界は難しい面が多くありました。

そこで離職率を下げないための対策として女性の働きやすい環境づくりに取り組んでいる福祉施設も多いです。
産前産後の休暇をしっかりと取ることができるだけでなく施設によっては男性の育児休暇取得も水位証しています。
女性が働きやすい環境はまだまだ少なく、特に介護業界でこういった取り組みをしているところでは女性の離職率が圧倒的に低くサンゴの服飾率は100パーセントのところがほとんどです。

また、離職率が高くなるのは働き始めて3か月目と6か月目といわれています。
仕事に対するモチベーションが下がりやすい時期であること、独り立ちをする時期であることがその理由です。
働いていてもなかなか思うようにモチベーションが上がらないとなると離職することを選んでしまう人が多くいます。

そこで、このような離職する時期にフォローアップのための機械を設けると離職率を下げることに効果的です。
研修の機会を設けたり、懇親会を設けたりして縦や横のつながりを作ると働いている人たちの不安を軽減できますし、仕事を辞める前に周囲の人に相談するようになり離職率を下げることができます。

自治体が地域のための取り組みを熱心に行っている例も出てきており、これらはとても介護業界にも良い刺激となっているものです。
介護業界の現場調査をしてスタッフたちがストレスに感じていること、コミュニケーションの状況などをアンケートして問題の洗い出しと解決に取り組んでいます。
こういったことをすることで特に問題となってくる問題を解決するために行政としてサポートできることに注力し離職率を下げることに効果を上げているのです。

Categories: 介護の基礎知識