1. >
  2. >
  3. 介護・福祉業界の概況

介護・福祉業界の概況

福祉・介護業界とは

福祉・介護業界は今後さらにニーズが拡大する事業ということを多くの人がイメージしています。
基本的には高齢者・障害者など日常生活に何かの支障をきたしておりサポートを必要としている人たちに対して様々なサービスを提供している人たちが働いているのが福祉・介護業界です。
広い意味では自動保育も含まれています。

介護のサービスは介護を受ける人が自宅で生活をしながら利用することのできる居宅サービスがありますし、介護老人福祉施設に入所をして利用する施設サービスに分けることも可能です。
さらに居宅サービスや施設サービスにも種類があります。

居宅サービスと施設サービスの種類

居宅サービスはホームヘルパーなど介護を必要としている人たちの自宅を訪問して入浴や食事などの支援をする訪問介護、施設に通って食事や入浴といったサービスを受けるデイサービス(通所介護)などが含まれています。
居宅サービスの中には自宅の清掃やおつかいといったものも含まれ生活で不便を感じていることを必要に応じてサービスを受けることが可能です。

それに対して施設サービスは3つの施設で受けることができます。
特別養護老人ホームといわれる介護老人福祉施設、老健といわれる介護老人保健施設、介護療養型医療施設という施設です。

保険外サービス増加

日本では高齢者を支えるために介護保険というものがあります。
これによって介護や支援が必要としている人たちは自己負担が少なくサービスを受けることができるのです。

しかし、サービスの中には高齢者の見守りサービスや家事の手伝いなど介護保険の対象外となっているものもあります。
しかし、こういった保険対象外のサービスもとてもニーズの高いサービスが多いです。
経営者としても利益の面でメリットが高いこともあり、最近ではこういった保険外サービスに注力している企業も増えています。

異業種からの参入

最近では有料老人ホームや介護マンション、サービス付き高齢者住宅など新たな高齢者向けのサービスの利用を検討している高齢者も多いです。
そういった人たちのニーズの高まりにこたえるためにも異業種からの福祉・介護業界への参入も盛んになっています。

今後シニア層はどんどんと増えていくためどの企業でもシニア層をターゲットとしたサービス展開が生き残りには大切です。
そこで、福祉・介護業界と手を結んだり、スーパーバイザーとして招き入れたりしてプロの意見を聞きつつニーズの高い福祉・介護関係の施設やサービスの展開をしている異業種の企業が増えています。
この動きはオン後もさらに高まることが予想されており、いろいろな業界が福祉・介護業界に携わることが増える見込みです。

Categories: 介護の基礎知識