1. >
  2. >
  3. ボランティア活動の原則

ボランティア活動の原則

人々

これからボランティア活動を始めてみようと考えている方もいるかもしれませんが、ボランティア活動をするにあたってはいくつか原則や注意点もあります。
ここでは、これからボランティア活動を始めようという方や、興味を持った方に注意点や原則についてお伝えしていこうと思います。

ボランティア活動の原則

ボランティア活動はあくまで自主性、主体性を持って行うものです。
誰かに強制されたり、促されて始めるものではありません。
まずはきっかけを見つけ、簡単なことからはじめてみるのも良いかもしれません。

無償性、無給性ということもしっかり認識しておきましょう。
つまり、ボランティア活動をしたことによる見返りを求めない、ということです。
これはボランティア活動を行う上で最も重要なことなので、しっかりと理解しておきましょう。

先駆性、開拓性もボランティアにおいて重要です。
これまでにサービスの前例がない、従来におけるボランティア活動として前例がないといった場合でも、自由な発想でサービスに変えていくことも重要と言えます。

社会性、連帯性ということもしっかり理解しておきましょう。
地域には一人で解決できない問題が沢山ありますし、人と協力することで初めて可能となることもあります。
ボランティア活動を行う際には、他の活動家との協力というのも大事です。

ボランティア活動の注意

ボランティア活動は自発的な行為であり、見返りを求めない無償の活動でもあります。
支援を受ける方の気持ちをしっかりと汲み取り、自己満足のボランティア活動にならないよう注意する必要があります。

また、ボランティア活動を行う上では様々な問題点も出てきます。
そうした際に、一人で全てを抱え込んでしまうのではなく、他の活動家に相談したりすることも重要です。
一人では解決できないことも、協力し合えば解決することもできます。

ボランティア活動において知りえた情報は他に漏らしてはいけません。
情報が漏れて困る方も出てきますし、知られたくないこともあるでしょう。
そうした気持ちをくみ取ることも重要ですから、プライバシーを守るということもしっかり認識しておきましょう。

一緒にボランティア活動している方と積極的に情報交換することで、交流を広げることができます。
今後の活動にもきっと役立ちますから、積極的に交流の輪を広めてみてはどうでしょうか。

ボランティア活動は素晴らしい活動ですが、間違った活動をしてしまうと依頼者との関係が悪くなってしまったりすることもあります。
そのようなことにならぬよう、ここで挙げた注意点や原則をしっかり理解したうえでボランティア活動に参加してみてください。
まずは身近なことから始めてみると良いかもしれません。