1. >
  2. >
  3. 福祉業界における訪問介護の仕事内容

福祉業界における訪問介護の仕事内容

訪問先の介護場所

訪問介護の仕事

福祉業界と一口に言っても、様々な分野があると思います。
その中でも、通所、または入所型ではなく、訪問介護に携わっている方がたの仕事内容について、考えてみたいと思います。

まず、訪問介護の仕事には、大きく分けて家事援助と身体援助の2つです。
家事援助は、名前の通り利用者の身体にさわることなく、主に家事の援助をすることが目的で、例えば掃除や食事作りなどが挙げられると思います。

次に身体援助ですが、これは利用者さんの体に触れる行為を行うことによって、援助をする方法です。
トイレ介助やおむつ介助などの排せつ介助などが挙げられます。

次に、この二つの援助に関して更に具体的に、一体どのようなものがあるのか考えてみましょう。

家事援助

家事援助ですが、利用者さんの生活するスペースを掃除したり、または、頼まれたものを購入するために買い物へ行ったり、利用者さんの好みに合わせた料理を作るなどの仕事があるのです。
この料理が意外に難しく、個々人により味付け方法や食材の切り方などのこだわりがあるため、それを頭にいれながら、一人一人の利用者さんに合ったものを作る必要があります。
また、冷蔵庫にあるもので作って欲しいという利用者さんもいらっしゃるので、残り物で、なんでも作れるという技量も持ち合わせている方が、良いように思います。

御高齢者のご家庭は、とかく調味料なども不足しており、自分が自宅で調理をする時とは、まったく違った感覚で取り組まなければいけません。
そのような状況下でおいしいものを作るのは、決して簡単なことではありません。
そのため、利用者さんに聞いたり、味付け方法を手伝うなどしてもらいながらすすめることが、調理のコツであり、また利用者さんとの触れ合いということを考える上で非常に良いことだと言えるでしょう。

身体介護

次に身体介護についてですが、これは、上記にあげたトイレ介助、おむつ介助以外にも歩行介助、食事介助、入浴介助、そして入浴介助に伴う着替えの介助があります。
介助に関していえば、介護は出来る部分は自分でやって頂き、出来ない部分を介助者がサポートするという気持ちで行わなければなりません。
必要以上に援助してしまいすぎると、出来ていたものがどんどんできなくなってしまうという悪い影響も出てしまうので、利用者さん一人一人に合わせた介護を行うことが、必要となります。

麻痺のある方の援助や車いすの介助は、慣れるまでに時間がかかるのです。
また、手足の硬縮している利用者さんの場合は、着替えなどで特に苦労する部分もありますが、こういった状況にも、回数をこなしていくに従って、どのようにすれば利用者さん、また自分自身も介護がしやすいかということがわかってくると思います。

訪問介護は、利用者さんと一対一での援助であるということが、仕事内容の特徴だと思います。
一対一なので、介助をしながらも雑談をしたりと心を触れ合える機会に恵まれるのもこの職種の非常に良いなと思う点です。