1. >
  2. >
  3. ホームヘルパーの仕事内容ってどういう感じなの

ホームヘルパーの仕事内容ってどういう感じなの

ホームヘルパー

ホームヘルパーの仕事

生活援助や身体介護を必要とする人に対して、様々な援助をするのがヘルパーの仕事ですが、高齢社会となった現在、介助を求めている人は大勢いらっしゃいます。
ただヘルパーの仕事は、誰でも出来る訳ではなくその資格を持っている人しか出来ないので、希望される方は資格を取得するようにしましょう。

さてホームヘルパーという名前は良く知っている人でも、実はそこで行われている内容を知らないなんていう人は少なくありません。
実はその内容は様々で、働く場所によっても変わってくるといえるでしょう。

その一つが在宅支援サービスです。
これは介護施設にいる人向けではなく、家にいる高齢者に対して行います。
買い物に行ったり、食事の支度をしたり、洗濯や掃除をしたりすること、また清拭、体位変換等も行う必要があるのです。
ただ、例えば買い物も仕事内容に含まれる場合がありますが、敢えてヘルパーが行わなくても出来る場合にはする必要がありません。

もう一つは特別養護老人ホームです。
在宅とは違い、基本的には食事・入浴・排泄の介助を行うことになります。

三つ目はデイサービスです。
デイサービスとは利用者が日中そこで過ごす場所になるのですが、そこの職員は送迎車を利用して利用者を順番に迎えに行きます。
ここでは様々なことが行われていて、例えば体操とかレクリエーション、後は入浴等を行うのですがヘルパーはそこでは介助を行うのが仕事です。
そして夕方にはそれぞれ利用者を自宅まで送って行くことになります。

こうして見てみると、働く場所によってそのその内容はかなり変わってくるのが分かるでしょう。
従って、ホームヘルパーとして今まで仕事をしたことがある人も、全く違う場所で働くことになると今までとはかなり違った内容のことをしなければいけないことも少なくありません。

なんでも手伝っていいわけではない

利用者の中にはとても便利なお手伝いさんのような感覚で利用しようとする人もいるので、その点には注意しましょう。
ホームヘルパーの仕事はあくまでも利用者が日常生活を送ることが出来るようにお手伝いをすることです。
だから例えば庭の草取りとか部屋の大掃除、床のワックスがけ等を求められることもあるかもしれませんが、それはその内容には実は含まれておらず、行ってはいけないことになっています。

それ以外にも、病院から処方された薬を飲む手伝いをすることは出来るのですが、市販薬を飲む手伝いをすることは出来ません。
あくまでもこれは要介護状態の人の介護をするということであり、高齢者が生活をするお手伝いをするということではないからです。

だから行うことが出来る内容はケアプランに書かれていることという風に理解するのが良いでしょう。
実際にホームヘルパーの仕事をする場合はしっかりとその内容を把握する必要があります。
またその時はすべきこと、しても良いこと、してはいけないことなどをしっかりと理解した上で働くようにするのが重要です。