1. >
  2. >
  3. ソーシャルワークの仕事について

ソーシャルワークの仕事について

病院

ソーシャルワーカーとは

一口にソーシャルワーカーといっても病院や医療機関で働く医療ソーシャルワーカーや、学校で働くスクールソーシャルワーカーなど様々なものがあります。
ソーシャルワーカーとは医者や学校の先生などといった立場とは違う面から患者さんや生徒たちの意見を聞き、さまざまなことを改善していくという仕事です。
特に医療の現場ではこのソーシャルワーカーが必ず必要な職種として求められています。

病院を開業するには医師や看護師など何人置くという規定がありますが、実はこのソーシャルワーカーについてはまだ規定がありません。
必ず置くという規則がないのにもかかわらず現場の実感として必要な仕事だということで多くの医療機関がこのソーシャルワーカーを置いているのです。

仕事内容

病院でのソーシャルワーカーは患者さんたちの話を聞き、その悩みなどを解決できるようにお手伝いをするという仕事です。
その相談はさまざまなものがあり入院費や治療費の問題を相談されたり、退院後の介護はどうしたらいいかなどといった相談や、転院はどこにすればいいのかといったものなど多岐にわたります。
患者さんにはさまざまな悩みがあって病気や治療方針以外にもさまざまな心配事があるのが現実です。

医師や看護師のような医療の分野のみで患者に関わっていく立場とは違い、ソーシャルワーカーは医療以外の患者さんの悩みや問題などを聞き取り緩和をしていくような仕事になります。
そのためにもソーシャルワーカーは医療や福祉などさまざまな分野の知識が必要です。

入院費が支払えない患者さんには収入額によって受けられる医療費免除のシステムや自治体の助成金などの手続きを教えるなどといった対処をします。
これから始まる介護生活の不安についてはケアマネージャーとともに相談会をしたりといった、細やかな対応が求められます。
さまざまな関係機関の知識やつてをもって最良の選択をして、患者さんの不安要素を取り除いていくお手伝いをしていくのがソーシャルワーカーの仕事です。

ソーシャルワーカーの仕事はまだ病院側や医師からよく理解をされているとは言い難いケースもあり、なかなか希望通りに仕事が進められないといったケースもあります。
その上患者さんの問題は複雑で家族が関わってくる問題や、どうしても解決できないといった問題も出てきてしまいます。

ソーシャルワーカーの知識を持っても解決できない問題にどのように対処していくかというのがこれからのこの仕事の課題とも言えるのです。