1. >
  2. >
  3. 福祉業界~介護職について考える

福祉業界~介護職について考える

福祉について考えてみた

高齢者介護

福祉と一言で言っても、高齢者介護・障害者福祉・未成年者に関連する福祉・父子家庭、母子家庭等社会的ハンディキャップを被った人への福祉等多岐に亘るが、ここでは高齢者介護の福祉業界に話を絞って進めていきたいと思います。

進みゆく高齢化社会に伴い、近年介護業界はかつて例を見ないほど目覚しい発展を遂げているのです。
そして今後もその発展はますます加速しそうな勢いです。、
一言で介護職と言っても、様々なものがあるが、介護職に携わること自体、絶対に必要な資格があるわけではありません。
しかしながらいくつかある介護職は資格が必要とされるものが多く、それは医療関連の仕事と同様、介護職がある種の社会的責任とステイタスを伴った職種だからでしょう。

介護の資格

ホームヘルパーは訪問介護の業務に携わる際、必要になってくる資格であり、
中でもホームヘルパー2級は、介護業界の登龍門的な資格であり、近年この資格取得の志望者が増えています。
介護福祉士はケアワーカーとなるために必要な資格である(国家資格)。ケアワーカーの主な仕事は介護人の指導です。
介護支援専門員はケアマネージャーにつきたいために必要な資格である(公的資格)。

ケアマネージャーは介護サービスにおける介護プランを立案・作成したり、要介護人と介護人の間に立ち、諸事項を調整したりします。
ホームヘルパー2級同様、近年、取得志望者が多い資格であり、人気のある職種で、その他、社会福祉主事任用資格、社会福祉士、精神保健福祉士等の資格があります。

これらの資格を取得することで、給与面においても有利になる点も無視できない、
全てではないが、資格手当てを支給している職場も少なくありません。

また介護は医療とも密接な関連性を持っており、両者を切り離すことはできない、
よって(場所、場合によってその必要頻度は異なるが)介護の職場に医師、看護師、作業療法士、理学療法士等が必要とされるケースは多いです。
当然のことながら、前述のいくつかの介護職は医療行為のみならずそれに類似した行為も行うことができないため、看護師などは医療に従事する者として介護の職場で大いに頼られることになるります。

また作業療法士や理学療法士はリハビリ業務のエキスパートして、課せられる役割は大きく、
重要なことは、これら看護師・作業療法士・理学療法士はコ・メディカルの職種なので、医療行為を行う場合は医師の指導の下に行わなければならないのは病院と同様です。

介護職の問題点

近年目覚しい発展を続ける介護業界であるが、その発展と表裏一体となって諸問題や各種の弊害が生じてくるのは、避けられない自然の摂理と言えるでしょう。
介護業界の昨今の問題として最大のものは、離職率が意外に高いということで、
これについては、離職したらまた人材を補充することになるので、常に人手不足が生じているとは一概に言えないが、職場において働き手の定着が悪いというのは見逃せない深い問題と言えます。

離職の最大の原因は、その激務に見合わない給与等待遇の悪さにあるようで、
それ故、介護職の離職率は、同じように激務を伴う病院の看護職と比べても高いのであります。
よって介護職の待遇の改善は、国や行政も絡ませてのひとつのインフラとして今後の急務のひとつと言えるでしょう。