1. >
  2. >
  3. 福祉業界の仕事とは

福祉業界の仕事とは

福祉の仕事はなにしている

福祉の主な仕事

福祉業界の資格として「ヘルパー2級」「ヘルパー1級」「介護福祉士」などを持つ、介護士と「介護支援專門員」を持つケアマネージャー、「社会福祉士」「精神保険福祉士」などをもつ相談員などがあります。
主に働く場所は大きく分けて「在宅」「施設」になり、「施設」には病院や老人ホーム、グループホームなどが含まれます。

介護士の仕事としては名前のとおり、患者さんや利用者さんの日常生活の自分では難しいという部分を介助することが主な仕事です。
その内容とはどのようなものがあるでしょうか。
内容は幅広いものです。

例えば、寝返りできない方には「床づれ予防」に時間おきに体位変換します。
またトイレに対する介助では、オムツ交換やポータルトイレの掃除、直接トイレでの排泄動作の介助があります。
入浴の介助量あわせて介助するのです。
動けない状態の方には身体を拭く、清拭を行います。
移動に置いては、杖の方には手を添えたり、車椅子の方には後ろから押したり。
介護士の仕事は書き出せないほど沢山あります。

「施設」では医師、看護師、リハビリ専門士などと連携して介助しています。
利用者さんの状態に合わせて関わって行くことが大切になってくるのです。
また施設では食事から排泄、入浴とすべての動作に関わってきます。

「在宅」ではケアプラン仁」沿って、週に数回程度に訪問します。、
時間帯も介助内容もあらかじめプランを組んでた上で介入していくのです。

ケアプランとは何か、これは各利用者さんの環境や身体それから心の状況によって、生活のプランを立てることです。
ケアマネージャが中心となって医師など各部門から情報提供を受け決定していきます。
介護認定によっても受けれられるサービスや回数が変わってくるので、ケアマネージャーが担当性で管理しています。
また同時に定期的に見直しも行なっていく事が必要です。

相談員とはどんなことをするのか、簡単にいうと、施設に入所される際の心身状態の確認や金銭的や施設への不安や要望などの相談に乗ることです。
資格自体は各都道府県で必要かどうか変わるようです、介護職は他の分野にくらべ、直接関わる仕事で関わる時間・期間が最も長い仕事になります。
そのため、これからの高齢化社会にはますます必要とされる仕事です。

今後ますます必要とされる介護職

介助方法のプロといわれる介護士ですが、実際では体力仕事であるため、身体がもたず離職される方も少なくないようです。
少しでも介助の負担が軽減するように今は多くの福祉用具がでてきています。
うまく利用して少しでも介護士の仕事量が減るといいです。
最近ではこのような現状から実際に介助に介入する量を規定しています。

福祉業界はますます必要とされる業界になっていくでしょう。
述べたようにこれからはドンドン福祉用具を利用していくといく方向なので、以前のような仕事から、体力的にも時間的にもゆとりが出てくしてくれている方のではないでしょうか。
介護士は介助のプロで、利用していただいてる方に接するため、一番変化を感じることのできるしごとだと思います。