1. >
  2. >
  3. 生活保護制度の基礎

生活保護制度の基礎

小銭しかない

経済的困窮車への支援

生活保護とは経済的に困窮している方が国や自治体から最低限度の保護費を受ける生徒のことです。
いわゆるセーフティーネットのことであり、このような制度は各国に存在しています。
憲法にはすべての国民が最低限度の生活を受ける権利を有すると記されているため、生活保護は憲法の理念に基づいた制度なのです。

ただし、最終手段としての制度のため、多少収入が低くなったからといって安易に申請してはいけません。
もうどうしようもなくなった時の最後の手段として生活保護に頼りましょう。
生活保護には全部で8種類があります。

医療扶助や生活扶助、住宅扶助などがあり、それぞれ目的が異なっています。
8種類の扶助を合計した額が最低限度の生活を送るための費用であり、ここから実際に稼いでいる収入を差し引いた額を支給されます。
条件によってそれぞれの扶助の額は異なっているのです。

基本的に都市部の方が生活をするためにかかる費用が高いと判断されます。
それが生活保護の支給額にも反映されるのです。
生活ほどを受給している方の数は近年増加しています。

特にリーマン・ショックや東日本大震災によって、生活保護を必要とする人の数は増えました。
その結果、2012年には212万人近くの方が受給しています。
生活保護には優先順位があり、高齢者世帯が最も優先されます。

その次が母子世帯であり、障害者世帯、疾病者世帯、その他の世帯が続きます。
基本的に働くことができる方よりも高齢者や障害者といった働くことが困難な方の方が優先されているのです。

生活保護制度の詳細

生活保護は条件を満たしていないと支給されません。
またすぐに受給されるわけではなく、申請をしてから実際に受給されるまで時間がかかります。
申請者のことをきちんと調査して、条件を満たしているのかを確かめるためです。

もし財産や資産があるならば、それを生活費にすることができるため、生活保護を受けられません。
土地や家屋を所有している方はそれをお金にして生活費にしなければいけないのです。
つまり、生活保護を受けている方は不動産や車など資産となるようなものを所持できません。

また、親族から援助を受けられるような状況の場合も受給できないです。
それぞれの地域に福祉事務所があるため、申請したい方はそちらで相談をしましょう。
申請をするとさまざまな調査を受けて、結果が決まります。

生活保護を受けている間は収入に関して毎月状況を申告しなければいけません。
また、ケースワーカーによる訪問調査が行われます。
就労しようとする方に対してはアドバイスをしたり、指導を受けられることが可能です。

生活保護は自由な立場ではなく、色々と制限があります。
貯金をすることはできません。
臨時収入があった場合も事細かに報告する必要があります。
セーフティネットとしての生活保護があることを意識しておきましょう。

Categories: 福祉の基礎