1. >
  2. >
  3. 障がい者福祉サービスの基礎

障がい者福祉サービスの基礎

病院のベッド

ノーマライゼーションが基本

身体に障害のある方のための障害者福祉はとても重要です。
福祉の目的というのは世の中にいる人達が差別されることなく、みんなが等しく健康で文化的で豊かな生活を送らせることです。
その目的を達成するためには障害者への福祉サービスの充実は欠かせないものとなるでしょう。

障害があってもなくても同じように快適な生活を送れるような社会を目指す、ノーマライゼーションの考え方が基本となっています。
また障害者の方が自立した生活を送れるようなさまざまな支援が実施されているのです。
障害の中には身体だけではなく精神や脳などに影響のある方もいて、それらに対する福祉も行われています。

障害を持っている方はどのような時代であっても一定数存在しています。
たとえ医学が発達しても障害者の存在をなくすことは難しいでしょう。
そのため障がい者福祉サービスの重要性はとても高いのです。

日本では行政からの決定によって施設に入ったり、あるいは在宅サービスを受ける形が一般的でした。
それが2003年度からは利用者の方で自由に事業者や施設を選べるようになりました。
2006年度になると障害者自立支援法が施行されて、これによって障がい者福祉サービスは新しい体系にまとめられました。

さまざまな障害福祉サービスが存在しています。
その中でも施設でリハビリを受けたり、自立した生活を送れるようになることを目指すサービスはとても重要であり、多くの方が利用しています。

障がい者福祉サービスの詳細

現在の障がい者福祉サービスには大きく分けて3つの種類があります。
それは介護給付と訓練等給付、そして地域生活支援事業です。
介護給付とはホームヘルプサービスを中心としたものであり、介護の支援を受けられます。

訓練等給付とは自立訓練をしたり、就労移行支援を受けるなどのことです。
地域生活支援事業とは移動支援を受けたり、手話通訳を派遣してもらうなどそれぞれの市町村が柔軟な支援を実施しているものです。
これらのサービスの利用料は所得やサービスの量などによって負担上限が設定されたり、定率負担となります。

所得の低い方に関してはサービス利用料の軽減が可能です。
上記のような福祉サービスを受けるだけではなくて、障害者の方は各種手当を受けることもできます。
たとえば重度障害者と認定された方は特別障害者手当として毎月数万円のお金が支給されるのです。

20歳未満の障害を持っている児童を養育している父母に対しては特別児童扶養手当があります。
こちらは障害の度合いに応じて支給額が異なります。
他にも年金をきちんと支払っている方は障害年金を受け取ることが可能です。

このように日本では障害者の方を助けるためのさまざまな福祉制度が整っています。
これらを活用することによって、生活は楽になるでしょう。

Categories: 福祉の基礎