1. >
  2. >
  3. 福祉で必要な調理や栄養士の資格紹介

福祉で必要な調理や栄養士の資格紹介

栄養士

バランスのとれた食事が必要

老人ホームといった介護施設などの福祉関連施設では、入居者やデイサービスに訪れる方のために食事を提供しています。

その食事は美味しく食べられれば何でもいいわけではなく、栄養バランス、食べやすさ、個々人の体調や持病などに配慮したものでなければなりません。

エネルギーの供給といった根本的な要素だけでなく、栄養管理と健康管理が福祉での調理には求められています。
たとえば、糖尿病や高血圧などの生活習慣病をお持ちの方にはカロリーや脂質、塩分などに配慮した食事の提供が必要です。

加齢による身体機能の低下で咀嚼が難しくなっている方には、刻み食やペースト食など食べやすく栄養価の高いものを提供しなければなりません。
この栄養管理や健康管理の役割を担っているのが管理栄養士です。

管理栄養士とは

栄養士の上級資格にあたり、介護保険施設では介護保険法の定めに基づき、常勤の管理栄養士を置くことが求められています。
また、介護保険施設で管理栄養士を配置すると、介護報酬の請求においてサービス単位が加算されるメリットがあり、雇用者側としても管理栄養士へのニーズが高いといえるでしょう。

そのほかの福祉関連施設でも同様で、障害者のための施設においては障害者自立支援法に基づき管理栄養士による栄養ケアやマネージメントを求められ、児童施設では心の成長にも影響を及ぼす食育の指導のため、栄養士や管理栄養士が必要になります。
では、栄養士と管理栄養士はどう違うのでしょうか?

栄養士と管理栄養士の違い

栄養士は2年から4年制の栄養専門学校や短大の栄養学科、栄養大学等で所定のカリキュラムをおさめて試験に合格し、都道府県知事から栄養士の免許を得る者を言います。
これに対して管理栄養士は国家試験を受けて合格し、厚生労働大臣から免許を得る国家資格になります。

管理栄養士の試験を受けるには、栄養大学や大学院等で管理栄養士養成のカリキュラムを修めるか、栄養士となった後、一定の実務経験を経ることが必要です。

栄養士として受験する場合には、栄養士になるための養成学校の年数と実務経験を合わせて5年以上となることが求められます。

たとえば、2年制の専門学校卒なら就職後の実務経験3年、4年制大学卒なら実務経験1年で受験が可能ということです。
また、管理栄養士の考えた献立や調理法をもとに、調理を担当、補助するスタッフとして調理師がいます。

調理師になるには厚生労働大臣の認可した調理師専門学校で所定のカリキュラムを修めるか、飲食店や福祉施設、給食センターなどで2年以上の調理実務を経験し調理師試験に合格して都道府県に申請することで免許が得られます。