1. >
  2. >
  3. 理学療法士、作業療法士の資格

理学療法士、作業療法士の資格

歩く

福祉の保険関係の資格として、最近注目を浴びているのが理学療法士や作業療法士です。

理学療法士

理学療法士とは、いわゆる身体機能のリハビリの専門家です。
座る、立つ、歩く、寝返るといった動作といった行動機能のエキスパートといえるでしょう。
脳卒中などの病気や交通事故などでケガをし、麻痺などの後遺症をもたらし、身体能力が低下した方、車いすなどを使う必要が生じた方に対して、日常生活や社会生活に復帰できるよう機能訓練を行います。

また、近年では高齢化に伴い高齢者のリハビリでも活躍しています。
完全介護の状態にならないよう、残存する身体能力を引き出し、身体機能が低下しないように運動療法を提案・指導するのです。
また、要支援や要介護になった方に対しても、身体能力の改善や機能維持のためにリハビリを行っています。
手足を動かしたり、歩行訓練などの運動療法のほか、温熱や電気器具などを使った物理療法などを実施が中心です。

理学療法士は主治医やケアマネージャーなどと連携しながら、対象者本人の身体能力や生活環境にも考慮し、医学的および社会的な観点から、リハビリのプログラムを1人ずつ作成しています。

作業療法士

これに対して、作業療法士は身体能力の低下だけでなく、うつ病など精神的な病を抱えている人や、生まれつき身体や知能などに障害を抱えている方も対象にリハビリや、潜在能力の引き出しを行う専門家です。

そのツールとなるのが”作業”です。
作業とは様々なものがあり、一緒に音楽を奏でる、工作をしたり、絵を描いたり、料理をするなど何かを作る作業や、農作業や家具を造るなどの労働などもあります。
1つのことに集中したり、他の人と力を合わせて作業する経験や、物を作り出す喜び、労働の達成感などを通じて、心を開かせたり、自信を持ってもらったり、社会に溶け込めるようにガイドする専門家になります。

資格・働く場所

理学療法士も作業療法士も国家資格を必要としており、一定の養成所で専門知識と実務に向けたスキルを身につけるカリキュラムをこなし、国家試験に合格して厚生労働大臣から免許を受けなければ、仕事をすることができません。

働く場所は病院やクリニックなどのリハビリセンターや、老人ホームや精神障害者施設、養護学校や授産所などの介護保険関連施設です。
また、保健所や市区町村役場の福祉課などの行政機関に勤務したり、最近では訪問看護や訪問介護の事業所などに勤務したりして、各家庭を訪問して、家庭でもできるリハビリを支援することもあります。