看護師の資格

血圧計

看護師の仕事は病院などの医療機関だけにとどまりません。
特に近年では深刻になっている高齢化の影響で、介護や福祉分野でも看護師へのニーズが高まっています。

福祉・保険関係の看護師の仕事

福祉・保健関係の看護師によるケアの対象となるのは、主に高齢者や障害のある人、乳幼児や妊産婦などです。
中でも高齢者の介護や福祉関係の施設では、医療の専門知識やスキルのある看護師の必要性が高くなります。
特別養護老人ホームなどの入所者の健康管理や栄養管理、口腔ケア、排泄の管理や清潔保持などが主な仕事で、寝たきりの方には褥創の予防もしなければなりません。
多くの高齢者が何らかの持病を抱えているため、薬の管理も必須です。
その他、状況に応じて呼吸ケアや胃ろう管理、緩和ケアを行うほか、専門知識に基づいて介護職員への指導も担当しています。
食事の量や水分がしっかり摂れているかや排泄の状況などを、介護職員と確認し合い、入浴時に体をチェックすべきポイントなどをアドバイスしています。

病院ではありませんので、応急措置をのぞき本格的な治療は行えません。
入居者ひとりひとりの毎日の容態を観察し、異常が認められたり、急に状態が悪くなったりした際には、提携の地域病院や入居者の主治医と連携して、病院への搬送を行う必要があります。
毎日の体調チェックとともに、緊急時の適切な判断が要求される仕事です。
特に、認知症の方の場合は自分では具合が悪いことを伝えられないケースが多く、日々の観察や体調チェックが重要といえるでしょう。

特別養護老人ホームでの看護新の仕事

特別養護老人ホームなどでは、24時間看護のところも多く、一般的に2交代制で日勤、夜勤が取り入れられています。
同じく福祉保健分野でニーズが高まってきているのが、訪問看護師です。

病気や障害のある人や、介護が必要な高齢者が住み慣れた地域や自宅で療養が行えるようサポートする仕事です。
定期的に訪問してバイタルチェックや身体の清潔保持、栄養管理、服薬管理を行うほか、リハビリや療養指導も行っていきます。
医療器具の管理はもちろんのこと、必要に応じて呼吸ケアや緩和ケアも行うことが訪問看護師の重要な仕事です。
床ずれの予防や手当をはじめ、ご家族への介護の指導を行うほか、患者さんやご家族からの相談に応じます。

さらに地域の行政や福祉機関と連携し、適切な福祉サービスが利用できるようサポートも行っています。
夜勤や緊急の対応も行い、医師への連絡や救急車が必要かの判断もしなければなりません。

訪問看護師はその場その場で的確な判断が必要になるため、病院で経験を積んだ看護師がこの分野に就くケースが多くあります。