1. >
  2. >
  3. 福祉相談援助の資格紹介

福祉相談援助の資格紹介

資格紹介

福祉相談援助の資格として介護支援専門員、社会福祉士についてご紹介します。

介護支専門員

介護支援専門員とは、通称ケアマネジャー、ケアマネと呼ばれている資格を持つ介護保険制度の担い手で、高齢者等が1人1人の心身の状態や生活環境に合った最適なケアプランをプランニングするプロフェッショナルです。

日本は世界でも稀に見る超高齢化社会の渦中にあり、介護が必要な方や身体上もしくは生活上の支援が必要な方が増加しています。
費用を安く抑えて適切に介護を受けられるよう介護保険制度が導入されましたが、そのサービス内容や利用内容は複雑化しており、介護が必要になった方やそのご家族が適切なサービスを選ぶのは難しいといえます。

そのような中で、介護保険サービスの適切な利用を図るため、専門知識とノウハウを持った介護支援専門員がサービスの選択や介護サービス事業者の選択をサポートしているのです。

介護支援専門員は介護を受ける方とそのご家族に直接面談を行い、その方の状態や家庭環境、介護をする担い手の状況などを確認します。
置かれている状態と利用者のニーズ、予算などに合わせて最適なサービスと、それを提供するサービス事業者を選択し、複数を組み合わせてケアプランを作成してます。

また、ケアプランの実行中にも定期的に利用者やご家族の様子を確認したり、サービス事業者が適切なサービスを行っているかの確認をしていくのです。
このためのケアプラン考えるのが専門職である、介護支援専門員です。
介護支援専門員は介護保険を必要としている人と、事業者の間に入る人の事を指しています。

社会福祉士

これに対して、社会福祉士は通称ソーシャルワーカーとも呼ばれる福祉サービスのプロフェッショナルです。
高齢者福祉はもとより、身体や精神に障害がある方の支援、児童養護施設などで生活相談を行ったり、福祉サービス利用者の活をサポートしたり、関係機関との調整などを行っています。

子供からご高齢者、障害のある方やそのご家族、子育て中のママなどに至るまで、幅広い方の相談に乗り、自立した生活、充実した生活が送れるよう支援しています。
近年では引きこもり地域支援センターやホームレス相談事業といった場にも、社会福祉士の仕事の幅が広がってきました。

また、医療機関において入院費用に関する相談や退院後の生活の相談を受ける医療ソーシャルワーカー、学校におけるいじめや事件、事故のアクシデント、児童虐待等の相談や解決を目指す教育機関におけるスクールソーシャルワーカーなどへの期待も高まっているといえるでしょう。