1. >
  2. >
  3. 介護ベッドの選び方

介護ベッドの選び方

介護ベッドその2

介護ベッド選びの大切さ

介護を必要とする人にとって介護ベッドは一日の中でとても長い時間を過ごす大切なものです。
被介護者にとっては過ごしやすいもの、介護者にとっては負担を軽減してくれるものを選ぶことが大切になってきます。

介護用ベッドはサイズも大きく価格も高いですから一度購入して使えないからと言って簡単に捨てたり変え飼えたりができるものではないです。
そこで選ぶ際には被介護者にとっても介護者にとっても使いやすいものであり、なおかつライフスタイルに合っているものを選ぶことが大切になってきます。

介護ベッドとは

介護ベッドは福祉用具の一つであり、利用者がベッドから立ち上がったり起き上ったりする動きの補助もしてくれるものです。
被介護者にとっては介護用ベッドを使うことによって自分で体のむきをかえることができたり自力で起き上がったりといった動作がしやすくなります。
また、寝たきりの人にとっても背中やひざを押し上げる機能があるために血流を良くしてくれて床ずれ対策にも効果的です。

また介護者にとっても介護ベッドはメリットがあります。
介護者が介助をしやすくなるようにベッドの高さや角度を変えることができますし、腰への負担を軽減でき腰痛予防に効果的です。

介護は毎日のことになりますから、やはりこういった小さなことでもとても効果を感じられます。
被介護者にとっても毎日介護をしてもらって申し訳ないという気持ちや遠慮の気持ちを持たせにくくい被介護者の精神的負担を軽減することにも効果が高いです。

介護ベッドの選び方

介護ベッドを選ぶにあたっては機能や種類も考える必要がありますが、それ以外にも利用する人のことも考えて選ぶ必要があります。
例えば安全性です。

介護ベッドは体に不自由がある人が使いますからちょっとしたことでも転倒事故やトラブルにつながる可能性があります。
そのため誤操作が起きないようになっているかということや転倒防止の柵がついているかということ、挟まれ事故が予防できるようになっていることなどの安全性は確認しておくべきです。

次にサイズも気にするべきポイントとしてあります。
利用者の体型に合っているものを用意することはもちろんですが、介護をする場所に合っているサイズのものを選ぶのも大切です。
大きすぎるものを設置してしまうと部屋に入れることが難しくなったり部屋での介助が難しくなったりすることもあります。

また、ベッドを設置するときには壁にぴったりと設置するのではなく5センチメートルから10センチメートル話しておくことが必要です。
そのため購入するベッドのサイズを考えるときにはこの幅も計算に入れ、設置する部屋の広さと利用者の体型との兼ね合いに合っているものを選びます。

Categories: 介護の基礎知識