1. >
  2. >
  3. 介護用歩行器の選び方

介護用歩行器の選び方

介護ベッド

介護用歩行器とは

介護用歩行器とは、歩く際のサポートをしてくれるものです。
歩行困難な人たちは人によって状況が違います。
杖をつけば十分サポートができる人もいれば杖だけではサポートが弱いという人もおり、そういった人のためにあるのが歩行器です。

歩行器を使うと体重の一部を預けることができるため足への負担を大幅に減らした状態で歩くことができます。
車いすを使っての生活をすることもできますが、車いすでは生活が制限される場面もありますし、やはり自分の足で歩くことができるのは生活の質を高めたり、自分の尊厳を守るために欠かせないことです。
そこで、できるだけ自分の足で歩くためにも歩行器があります。

歩行器の選び方

歩行器にもいろいろな種類があります。
そこで自分の動きや目的に合った構造のものを選ぶことが必要です。

歩行器には固定式のキャスターなしのもの、口語式タイプの左右別に動かして使うもの、キャスター付きのものがあります。
どのタイプが良いかはその人の身体状況や能力、使う場面によって違うのでとこから考えることが必要です。

まず、歩行能力や持久力といったものは個人差があります。
たとえ歩行器を使えば体重の負担を半分にすることができるとしても安全に使うためには自分の使える能力に合ったものを選ぶことが必要です。
使う時間が長くなると体への負担が心配ですからキャスター付きのものを使った方が体への負担は軽減できます。

次に歩行器を使う場面です。
室内で使う場合にはキャスター付きでも問題ないですが、外出時あるく場所によってはキャスターが不便なこともあります。
砂利道はキャスターに小石が挟まり思うように動かないことがありますし、坂道ではスピードが出すぎて転倒する可能性があり危険です。

また、段差がある場所を歩くかどうかによっても違ってきます。
そこで日ごろから歩行器を使用する場所や場面を想定して自分に合ったものを選ぶことが大切です。

歩行器の高さ調整

歩行器を使う際には高さ調整をしないと使い勝手が悪くなってしまいます。
一般的には足の付け根に合わせますが体の調子によって安定しやすい場所は違うので微調整をすることが必要です。
立位が楽でありひじが軽く曲がるくらいに調整をしておくと楽に使えます。

前腕で支えるという場合にはひじを90度に曲げた時にひじの高さが合うように調整すると体が楽です。
グリップ部分が高すぎると力が描けにくいですし低くしすぎると猫背になりやすくなりますから定期的に高さ調整をして常に操作がしやすい高さをキープします。
また、歩行器を使用する場所によっても使いやすい場所は変わりますから、屋内と屋外など使うシーンに応じての調整も大切です。

Categories: 介護の基礎知識