1. >
  2. >
  3. 介護用車椅子の選び方

介護用車椅子の選び方

車いす

車いす選びは意外と難しい

歩くのが困難な人にとって、車いすは動ける場所を広げるためにとても大切なものです。
どれも同じように見えますが種類があり、自走式と介助式があるためきちんと自分に合ったものを選ぶ必要があります。

自走式は名前の通り利用者が自分で漕いで動かすものであり、介助式は介助者に押してもらって動かすものです。
さらに最近では電動アシスト車いすや電動車いす、リクライニング型などさまざまなものがあります。
たくさんのものから自分に合ったものを見つけるためにはきちんと車いすの種類とその特徴を知ることが必要です。

車いすの種類と特徴

もっとも一般的な車いすがスタンダードな自走式車いすというタイプのものになります。
自走はもちろんですが、介助者が後ろから押して動かすことも可能です。
日常生活で自走させている人はもちろんですが、病院や施設内で自走や後ろからおしてもらって使っている様子をよく見かけます。

次に自力で漕ぐことができない人は介助式車いすを使うことが一般的です。
自走式でも介助者が押して使えるため、こちらの必要性がわからないという人もいます。
最も大きな違いは小回りが利く点です。

自走式は車輪を漕いで進む必要があるために後輪が大きくなっています。
しかし介助式は自走式のように漕ぐ必要が無いために小回りが利くよう小さなタイヤになっています。
コンパクトなサイズなので折りたためて収納もしやすいです。

障害などによって姿勢を維持することが難しい人はリクライニング型やチルト型のものを使い体への負担が少なくすることができます。
リクライニング型であれば背もたれの角度が動かせるためにくつろぐことができますし、チルト型は太ももへの体重負担を背中や腰などほかの場所への分散が可能です。

自分で漕ぐことは難しくてもハンドル操作であればできるという場合には電動車いすを使うことができます。
操作は手元にあるスティックで簡単にすることができ、前進するだけでなくターンも可能です。
最近では電動アシストタイプもあり、これは一般的な電動アシストの自転車のように坂道などでアシストしてくれ介助者の負担も軽減してくれます。

最適な車いすを選ぶために

車いすはこのように種類も様々です。
そこで利用者の体の状況や体格、体力から総合的に選ぶことが必要になってきます。

特に背もたれの高さや幅、ひじ掛けの高さなどはあったものを使わないと座り心地が悪くなるだけでなく不調をきたす可能性もありますからきちんと合わせることが大切です。
自分で操作ができるかどうかも確認する必要があるので試乗して自分や介助者が実際に動かしてみて総合的に判断することも必要になります。

Categories: 介護の基礎知識