1. >
  2. >
  3. 介護タクシーとは?

介護タクシーとは?

タクシー

どんどんと充実が図られる介護や福祉現場のサービス

日本では高齢化を迎え、高齢になった人たちへのサポートが必要な場面が増えています。
特に高齢になっても家族と同居しておらず自分だけで生活をしている人も多く、そういった人にとっては様々な場面で不都合が生じていて、そういったものの改善のためのサービスがどんどんと展開している状況です。

高齢者は今後も増える見込みですから、そういった人たち向けのサービスはどんどんとニーズも高まりますし需要があります。
どのような業界の人もシニア向けのサービスを展開していかないとなかなか業績を伸ばすことは難しいです。
そこで登場しているサービスの一つに介護タクシーがあります。

介護タクシーとは

介護タクシーは一人で外出することが難しい高齢者や障害のある人のサポートをしてくれるタクシーです。
病院までの送迎や付き添いが主なサービスとなっており、介護職員初任者研修以上の資格を持っていることが条件となっています。
外出の際に着替えの介助をしたり、目的地に到着して移動の介助をしたりすることもサービスの一部です。

実は介護関連の資格を持っていないタクシードライバーは利用者からこういったことを頼まれたとしても事業を行うことができないことになっています。
そこで、障害のある人や高齢の人が外出しやすくするためにもこういった専門のサービスを行える人たちを配備しているのです。

介護タクシーを利用できる対象者

介護タクシーはだれもが利用できるわけではなく対象者が決まっています。
自宅嫌老人ホーム、ケアハウスに生活をしている人であり、なおかついくつかの条件があるのです。

例えば介護度が要介護1以上であること、公共の乗り物に一人で乗ることができないこと、ケアプランに介護タクシーの使用が含まれていることなどが条件となっています。
介護保険施設に入所していることで利用することはできますが、介護保険は適用できないので全額自己負担です。
また、自分が利用できる該当者であるかどうかがわからない場合にはケアマネジャーに相談して確認する必要があります。

介護タクシーの特徴

介護タクシーは有資格者が運転することにより一般的なタクシーとは違う点が多いです。
例えば、車いすやストレッチャーのまま乗ることができ、車内に固定装置まで付けられています。
そして、受けられるサービスとしても自宅やケアハウスまで迎えに行き、なおかつ出かけた目の準備を手伝うことも可能です。

目的地に到着してからも、目的地での移動もサポートできます。
通院の場合には会計や薬の受け取りといったこともサポートすることが可能です。
帰宅してからも自宅にはいるまでやベッドに入るまでの介助、必要によっては着替えもサポートすることができます。

Categories: 介護の基礎知識