1. >
  2. >
  3. 介護保険が使える住宅改修の活用法

介護保険が使える住宅改修の活用法

介護ベッド

介護保険によって住宅改修が可能

介護保険を利用して住宅の改修をすることが可能です。
具体的には住宅改修費用を20万円まで支給してもらうことができます。

もちろん、誰でもどういった形でも支給してもらうことが可能なわけではないです。
購入費用の1割、一定以上の所得者の場合には2割亜Kら3割を対象者が負担する必要があり、なおかつ原則的には一人につき1度しか利用できないことになっています。

住宅改修とは

住宅改修は自宅での介護をする際に自宅の構造に不具合がある時に行うものです。
例えば、介護をしたいけれども自宅に段差があってできない、とか便座が和式であるのでトイレをしにくい、とか、スロープを設置したいとかということが該当します。

被介護者1人当たりにつき20万円支給されますが、一部は自己負担が発生するため20万円すべてを使い入れないという家庭も多いです。
そういった場合には残金は再度住宅改修をする際に利用することができるので、介護を続ける中で不具合が出てきたり新たに問題が出てきたりした時に工事を追加することもできます。
また、20万円を使い切ってからも要介護度が3以上上がった場合や転居をした場合には再度20万円までの子宮を受けることが可能です。

住宅改修で介護保険を適用されるまでの流れ

住宅改修をして介護保険を適用してもらうためには、まずは担当のケアマネージャーに相談をします。
改修をしてから認められないということになれば介護保険を利用することができず全額自己負担をしなければならないです。
そこで、事前に状況を説明して改修をしてサービスの利用ができるかどうか確認をしていきます。

次にサービスの利用が決まったら事業者を紹介してもらい家の下見をして実際に作業が可能かどうか、作業にはどのくらいの費用がかかるのかといった下見の機械を設けることが必要です。
下見に来てもらった際には必ず立ち会って生活状況や不自由に感じている点の確認、どういった改修ができるのかといったことを話し合っていきます。

下見が終わったら具体的な住宅改修プランを作る必要がありますが、これは事業者がしてくれることです。
改修の際の図面やかかる費用といったものをまとめてくれますから、これを見て契約をするかどうかを判断します。

契約をすることになれば工事開始です。
工事が終了したらいったんはかかった費用を全額自己負担します。
その後、住宅改修費の給付申請をして費用の9割、もしくは所得のある人ならば7割から8割の還元を受けて終了です。

申請にあたっては申請書、領収書、公示後の写真の提出が必要となります。
これらはサービス提供事業者やケアマネージャーに確認すると間違えることなく提出出来て安心です。

Categories: 介護の基礎知識