1. >
  2. >
  3. 福祉業界もWEBで集客をする時代に!

福祉業界もWEBで集客をする時代に!

WEBで集客

まだまだインターネットリテラシーの低い介護業界

介護業界はまだまだインターネットリテラシーが低いといわれています。
しかし、近年では多くの人が情報収集のためにインターネットを使うことが主流です。
この流れに乗るためにも介護福祉業界でも少しずつインターネットの普及がみられるようになっています。

具体的にはホームページの作成や集客のための仕組みにインターネットを介入させることがメインです。
とはいえ日々介護業界で業務にあたっている人たちは多忙を極めていますから、こういった作業にあたる時間も少ないですし知識も決して多いとは言えない状況にあります。
そこで、最近では介護施設専門の集客やホームページ制作の業者も登場しており利用者も増えている状況です。

自社サイトを利用して利用者の集客をする方法

外部委託をして作成することは業務の効率化や専門性の高いサイトの作成という面ではメリットが高いです。
しかし、実際に運用がスタートしてから自分たちが使いこなせない可能性もありますし、ずっと外部委託の状態をとらなければならない可能性もあります。
そこで、自社サイトから集客をするための方法を考えることが望ましいです。

自社サイトの作成の際、昔はHTML形式を使うことも多かったですが、初心者には使いにくかったですし専門業者に依頼をしても作業の面倒さから有償でお願いすることが一般的でした。
また、検索でも引っかかりにくいという点でも不利でありデメリットです。

そこで、最近ではCMS方式を利用する人が増えています。
インターネットに詳しくない人でも気軽に作成することができ、タイムリーな情報更新が可能です。
なおかつ特定のキーワードで上位表示させるための取り組みも初心者でもしやすいようになっています。

引継ぎをすることも可能

これから立ち上げるという場合には最初からCMS方式を採用して作成すれば自社で簡単に作成ができますし、更新もしやすいです。
多忙な介護業界の現場でもあまり時間をかけずに作業ができるため」専門のスタッフを雇い入れてなくても十分対応できます。

しかし、今使っているサイト形式がHTML形式の場合にはそれを継続して使うのか、新たにサイトを開設しなおすのかという問題が出てきます。
そういった際にはホームページ作成を依頼した業者や専門業者に依頼をしてワードプレスで更新できるブログを連結するということも可能です。
連結をすることができれば作業もかなり簡単に行えるようになります。

介護業界は遠距離介護をする必要がある人も増えており、今後情報収集の中心はインターネットに確実に移行することがほぼ決定的です。
そのためキーワードに引っ掛かりやすくするためにもタイムリーな情報を発信するためにもスタッフが更新しやすい形式を取り入れる必要があります。

Categories: 介護の基礎知識