1. >
  2. >
  3. 赤い羽根共同募金

赤い羽根共同募金

赤い羽根募金

募金と言えば赤い羽根、と容易にイメージできるほど、赤い羽根共同募金という名は知れ渡っています。
また、実際に街を歩いている時に募金を行い、赤い羽根を貰ったことがある、という方も多いのではないでしょうか。
ここでは、赤い羽根共同募金の歴史や仕組みなどについて記述したいと思います。

歴史について

赤い羽根共同募金の歴史は意外に古く、戦後直後となる1947年に市民による取組みとして始まりました。
元々は戦争によって被害を受けた福祉施設への資金援助という名目で募金を行っていたのですが、社会福祉事業法が制定されたことにより民間の社会福祉推進のため活用されてきたのです。

人と人との繋がりや支えあい、また思いやりを伝える運動として拡大し、現在でも市民主体の活動として全国いたるところで行われています。

仕組みについて

赤い羽根共同募金で集められた資金は、自分が住む町を良くするために使用されています。
もちろん、誰かのために行っている募金ですが、実は自分達の街を良くするためにも使われているのです。

地域で集められた資金の約7割はその地域のために使われ、残りが様々な福祉活動に使われています。
また、募金された一部のお金を災害などが起きた時の準備金として積み立てています。
大規模な災害などが起こった際には、この積立金を利用して支援などが行われるのです。

使われ方

赤い羽根共同募金で集められた資金は具体的にどのように使われているのか、と疑問に思った方も多いのではないでしょうか。
使い道は実に様々で、高齢者サロンの運営やボランティア活動の費用、社会福祉施設の改修などにも使われています。

また、さきほどもお伝えしたように、災害などが起きた際にもこの募金が利用されます。
福祉活動における様々なことに募金が用いられているということです。

募金活動の展開

赤い羽根共同募金は様々な方法で活動が展開されています。
最も有名なのは街中で行う街頭募金ではないでしょうか。
それ以外にも、各家庭に訪問する戸別募金や企業を訪問して寄付を依頼する法人募金、学校施設で生徒に募金を呼びかける学校募金といった活動も行われています。

共同募金活動は年間約200万人という大勢の方によって行われています。
募金する側ではなく、活動に参加して見たいという方は赤い羽根共同募金の公式ウェブサイトを閲覧してみると良いでしょう。

赤い羽根共同募金について、歴史や活動、資金の使われ方などについてご説明してきましたが、如何だったでしょうか。
人のために行っている募金が、実際には自分の街を良くする活動にも使われていると知り驚いた方もいるかもしれません。
人が優しさを集める活動とも言われる共同募金によって、多くの方が恩恵を受けていると言えるでしょう。