1. >
  2. >
  3. ボランティアフェスティバル

ボランティアフェスティバル

ボランティアフェスに参加する人

助け合いの精神で活動を行うボランティアは全国いたるところで行われています。
ボランティアによって助けられている方は大勢いますし、現在では積極的にボランティア活動に参加している若い方も大勢います。

こうしたボランティア活動における情報交換や研究協議を目的としたフェスティバルが開催されているのですが、恐らく多くの方はご存じないのではないでしょうか。
ここでは、ボランティアフェスティバルについてご説明します。

全国ボランティアフェスティバルとは

全国ボランティアフェスティバルは、昭和52年に開催された全国ボランティアの集いが起源となります。
古い歴史を持ち、現在では開催現地推進委員会が主体となって全国持ち回り式で開催しており、様々な地域において開催されています。

実際にはどのような活動を行っているのか、ということですが、一つには全国規模での情報交換が挙げられます。
特定の地域におけるボランティア活動の現状や、ボランティア活動によってどのような結果となったかなど、様々な情報交換が可能なのです。

各福祉関係者が全国から集まりますから、交流を深めることができます。
ここで交流を深めることにより、関係各機関との連携がよりとり易くなるというメリットもあるのです。

フェスティバルの必要性

ボランティアフェスティバルのような大規模な会合を開くことの必要性ですが、一つには先ほども述べたように各関係機関との協力体制を築く、ということが挙げられます。
各地の福祉関係者が集いますから、交流を深めることでこれまでよりも更に強い連携が可能となるのです。

また、全国的な活動の現状やその地域におけるボランティア活動の現状を正確に把握することで、今後どのような活動を展開していけば良いのか、という指針を見出せることが可能となります。

ボランティアフェスティバルは全国持ち回りで行われており、それによる経済効果も馬鹿にできません。
全国から多くの方が集まりますから、地域の宿泊施設は賑わいを見せますし、観光をしていく方もいますから、その経済効果は決して小さくはないでしょう。

また、ボランティアフェスティバルに参加することでよりボランティア、福祉活動に対する理解を深めることも可能となるのではないでしょうか。
そうしたことからも、ボランティアフェスティバル開催の必要性はあると言えるでしょう。

ボランティアフェスティバルは全国様々な地域で行われており、詳しい情報は各自治体のホームページで確認することができます。
詳しい開催場所や参加費用、フェスティバルの流れなども掲載されていますから、これから先参加してみようと考えている方は一度閲覧してみると良いかもしれません。