1. >
  2. >
  3. 災害時のボランティア

災害時のボランティア

みんなやる気満々

台風や地震などによって起きる災害では、時に甚大な被害を受けることもあります。
こうした災害時にはボランティアによる活動が行われ、それによって救われる方も大勢います。
特に、日本は地震大国と呼ばれるほど頻繁に地震が発生する国ですし、時に大きな震災となることもあります。
このようなケースでは被災地においてボランティアによる支援活動が行われ、様々な支援により助けられています。
中には実際に被災地でボランティア活動をしたことがあるという方もいるかもしれませんが、被災地での災害救援ボランティア活動はいくつか注意点もあります。

注意点その一

被災地における救援活動では時に自身の身に危険が迫ることもあります。
そのため、被災地に向かう方はそのこともしっかりと理解しておく必要があります。
あくまで本人の自発的な意志と責任によって参加することが基本ですし、仮に自分の身が危険に晒されたとしてもそれは自己責任となります。

被災地に行って活動する前に、しっかりと現地の情報を把握しておくのも重要です。
また、震災時には被災地に災害救援ボランティアセンターが設置されていますから、ボランティアに参加するにはどうすれば良いか、注意点は何かということをしっかりと確認しておきましょう。

自身の家族に理解を求めることも忘れてはいけません。
家族からすれば危険な被災地にボランティア活動に行くというのは誇らしいことでもあり、心配でもあるでしょう。

無理に押し切って行くのではなく、しっかりと理解を求めた上で被災地に赴くようにしましょう。

注意点その二

被災地で実際にボランティア活動を行うには、災害救援ボランティアセンターでボランティア活動の登録をする必要があります。
そのため、被災地に足を踏み入れた時にはまず災害救援ボランティアセンターに訪れましょう。

被災地で実際にボランティア活動を行う際には、被災された方の気持ちを理解し、非常識な言葉をかけたりすることは厳禁です。
マナーと礼節を持った接し方を心がける必要があります。

また、ボランティアというのは助け合いの精神なので、「助けてあげてる」といった上から目線での活動ではいけません。
このような気持ちで行うボランティア活動はボランティアとは呼べませんし、何より自然と態度にも出てしまうものです。

また、被災地での活動では何が起こるか分かりませんから、念のためにボランティア活動保険に加入しておくと良いかもしれません。

被災地でのボランティア活動に関する注意点についていくつか記述してきましたが、重要なのはしっかりと現地の情報を知ることです。
安易な気持ちと少ない情報では危険ですから、まずは情報収集をしっかり行うことが重要です。