1. >
  2. >
  3. 福祉サービスについて

福祉サービスについて

福祉施設

福祉サービスは様々なところに

福祉サービスはいろんなところがサービスを提供しています。
ですが、悲しいことに普段住民の方はあまり積極的に素人はしないので、いざというときにどうしてよいかわからないといった方がほとんどです。
普段元気なうちから行政が出している広報紙を隅々まで読んでおくことをおすすめします。

福祉に関するサービスはいろんなところにあります。
社会福祉協議会にいけば各悩みごとに関するパンフレットや相談窓口など実際いってみないとわからないことがいっぱいあります。
また、生活に困ったこと、仕事をリストラされたなど当面の生活の費用を貸してくれる窓口などたくさんあります。
また、一人暮らしの人が一人でもこまらないように、民生委員をはじめ、見守りネットワークなど数えればきりがありません。
介護保険に関しても、介護保険に該当した場合は簡単なリフォームにも助成制度があり、障害手帳を持っているひとは様々な恩恵があります。
福祉サービスは実際にその場にあたってみないとわからないことがあります。

地域に目を向けよう

元気な人はそうそう福祉という言葉は自分に関係ないと思い込む人が多いようです。
家族が、また知人が病気や失業などにあってみて、初めて気がつくものなのです。
本来皆がかかわることではないですが、やはり知っているのと知らないのとでは大きく違います。
よく、行政が主催でする講演会などにいくと、必ずそこに秘密が隠されています。
それは、もっと地域を知ること、自分のことばかりではなく他人にも目を配り、人のためにも考えることをよく言われます。
行政が税金を使って広告を作り、全家庭にたくさん情報満載の機関誌を月1回の割合で届けますが、無関心家庭はそのまま処分してしまうところもひょっとしてあるかもしれません。

前に困った人がおりました、
その人はなぜ、行政はいろんな情報を流さないのだと仰るのです。
毎月、よく観察しながら生活していくと、情報が氾濫しているはずなのです。
いかに気が付かなかったかということに気が付かされるのです。

福祉サービスは困っている悩みにほとんど対応してくれるようにできています。
また、その相談に解決できない場合はいろんな機関を斡旋してくれますので、
一人で悩みを抱えていないで、まず一歩を歩みだすことです。
住民は社会の中の構成員であり、また、納税者でもあります、いろんなサービスを使うことは困ったときは当たり前であり
また使うようにできていて、それに合わないときは意見をだし、皆が使いやすいようによりよいものに変えていかないといけません。
住民が使ってみてよくないものは住民の手で変えていくことこそサービスの向上といえるのです。

声を出すことによってより良いサービスがうまれてきます。
自分のために人のためにより良いサービスを作っていくことは不可欠です。
福祉サービスも時々制度が変わりますので、運よく得をすることがあります。
テレビや新聞、またその町のホームページなどちょくちょく見ることをおすすめします。