1. >
  2. >
  3. 福祉業界とは何?

福祉業界とは何?

福祉の仕事の役割とは

お年を召された方は自分一人で生活していけないのはお判りですよね?
そんなご老人たちは自分を介護してほしいと思っております。
ご飯を食べるときにに、おはしを握ることが出来ないためにご飯が食べられない・・・。
そんな時にそばでご飯が食べさせてくれる人がいたら、その日の食事が取れるのです!

食事の用意だってそうですが、自分で準備をすることだって出来なくなってしまいます。
そんなときに準備をしてくれる人が居ればどれほど助かることでしょうか。
また、トイレをする時もそうです。自分一人でトイレにも行くことができません・・・。
そんなときに手を貸してあげて一緒にトイレへ連れて行ってくれる人がそばに居ればどれほど助かるでしょうか。
また、一人でお風呂に入ることだってできなくなっていますので、身体を拭いてあげたり、また一緒にお風呂へ連れて行き、身体を洗ってくれる人がそばに居るればどれほど助かることでしょう!

外へ出るときも、杖を使い一人で危ない道路道を歩く・・・。
想像してみてください。
すぐ横を車やバイクなどが激しく行きかう、そんな危ない場所を足元のおぼつかないご老人が一人で杖をついて歩いているようなそんな風景を。
わたしは怖くて想像したくありません。
でも、そんなときにご老人のそばで一緒に歩いて支えてあげられる人が居るとしたら、一体どんな人だと思いますか?

そうです!介護福祉の方か、もしくは老人ホームの職員の方です!
この人たちは、老後自分一人では生活ができないご老人の手助けをするために、日々働いています。
また、身体の不自由な方が、日常生活をするうえで普通の人達と同じような生活が出来るように彼らの手助けをしてあげています。

福祉業界の意義

身体が不自由ということは、日常生活を満足にこなせないということですから、人の手を借りなければ日々を送ることが出来ないのです・・・。
そんなときでも介護福祉のひとがそばに居れば、たとえ身体に障害があって、日常を過ごせなかったとしても、安心して毎日を送ることができるのです!

人は皆、必ず年を取ります・・・、これは避けられない事実です。
しかし、自分自身が年をとったときに、安心した老後生活を送れるとしたら、それは福祉業界のの人たちがそばに居るからだと思います。
老人ホームだってそうです。
そこには居れば家族に迷惑をかけずに安心して老後生活が送れるのです。

人は皆、一人では生きていけないものです、介護福祉とはそんな不安な言葉を消してくれるような業界だとは思いませんか?