福祉優遇

飛行機

福祉優遇のサービス情報をお探しの方に、は主な福祉優遇について、いくつか紹介させていただきます。

主な福祉優遇サービス

まずは、保険料の払い込み免除について紹介しましょう。
すでに加入していた保険について、福祉優遇の条件を満たす場合は、以降の保険料の払い込みが免除されるという制度です。
これは、加入されている保険によっては該当するかどうかが分かれる場合もありますので、まずは、約款を確認したり、保険の担当営業に問い合わせてみるとよいでしょう。

次にJRの旅客割引です。
福祉優遇のサービスとして便利なのが、JRの旅客割引です。
本人と介護者一人に対してそれぞれ50の割引が適用されます。
適用される区間や条件については、調べていただければすぐに詳細を得ることがえきますので、旅行をされたい方は、こちらをお調べいただくとよいでしょう。

その次は航空旅客運賃割引です。
本人と介護者1名に対して、航空旅客運賃の割引が適用されます。
航空券の割引については、利用される区間によって異なるため、そのつど調べる必要がありますが、もともと航空券の運賃は高めのものが多いので、かなりのメリットを受けることができるでしょう。
旅行先が決まったら、利用する予定の航空会社のホームページで料金を確認してみるとよいですね。

他にも有料道路の通行料金割引があります。
こちらは条件を満たしていれば、有料道路の通行料金が50%割引となるようです。
日々の生活の中での継続した割引というのは、便利で有効です。
ぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

あとはNHK放送受信料の免除です。
NHKの受信料は、ちりもつもれば、で結構な負担になることも少なくありません。
ところが、こちらの放送受信料も、要件を満たしていれば、全額免除や半額免除の適用を受けることができます。
条件を確認して、該当する受信料の割引を受けるとよいでしょう。

更に公営住宅の優先入居もあります。
公営住宅については、賃料がお手ごろで、立地もよいことから、かなりの人気があります。
福祉優遇のサービスを適用される場合には、こちらに対しての優先入居が認められているのです。
都道府県や市区町村がお問い合わせ窓口となっていますので、ご興味をお持ちの方は一度お問い合わせしてみてください。

最後にタクシーチケット、公共交通の優遇があります。
これは、お住まいの役所によって異なるサービスですが、年間一定額のタクシーチケットや公共交通の優遇が受けられることも少なくありません。
役所の広報を確認してみましょう。