1. >
  2. >
  3. 福祉関連で受けられる補助制度

福祉関連で受けられる補助制度

カウンター

生活保護の条件

社会福祉として受けられる補助制度の例として、生活保護の制度があります。
生活保護は、憲法に定められてある生存権に基づいて作られた社会福祉としての制度です。

生活保護を受けられる条件の一つとして、外国人でなくても国内に在住をしている人なら誰でも受けられる権利があります。

ただし、この生活保護を受けるために、定められた条件や基準を満たす必要があります。

生活面に関する条件として、社会福祉としての生活の扶助であるので、貯金や資産がなくてお金がなくて生活が困っている場合に支給されるのです。
従って、貯金がある場合は貯金を切り崩して生活を営む必要があります。

その他に、生活に頼れる身寄りがある場合は、身寄りの人に生活の扶助をしてもらう努力が必要です。

ただし、身寄りの人が生活に困っていた場合で、扶助できない場合は生活保護の対象外にはならない事です。

車などの資産の所有に関しても、生活保護を受給する制限があります。

いずれの条件を満たした場合に、社会福祉の事務所に来所して生活保護の受給に関する申請書を受け取りましょう。

そして、申請書を市役所や社会福祉の事務所に提出して、申請書の内容に基づいて、生活保護の受給の担当者が受給に関する審査を行い、審査に通過した生活保護の受給の志望者に対して、生活保護の受給を決定します。

金額・特典

生活保護に関する手当の額に関して、一人暮らしの場合は月に10万円から12万円程度です。

さらに、子供や配偶者を伴って生活保護を申請する場合は、家族の手当も別途に支給される事が特徴です。

また、特典としては生活保護の受給が認定されれば、受給を開始した月から医療にかかる費用が無料になる事になります。

生活保護を受給するに当たって、最低でも月に一回以上は福祉事務所に所属しているケースワーカーが、生活保護の受給者の元に訪れる事が原則となっています。

訪れる意図としては、受給者の生活状況の把握や働ける見込みがある人に対して、自立に向けた資格の取得や就職活動をするように促す相談をしています。

生活保護の制度は、厳密に言えば生活の扶助を主にする制度ではなくて、生活保護の受給者の自立を促すために生活を保障してくれる生活の補助的な制度です。

しかし、高齢者や病気を抱えている人に対しては、働く事ができずに生活の手当てを受け続けざるを得なくなる事です。

一方で、失業者の中には自力で就職が出来る状態である人に対しては、就職にむけた支援の強化が求められます。