1. >
  2. >
  3. 福祉関連のお得な情報があるサイト

福祉関連のお得な情報があるサイト

754e13ff17a2c9c64880c948ed132ee9_s

介護する側も大変

介護が始まると慣れないことが多くて大変ですよね。
実際に介護を始めたときには多少の無理もききますが、長時間続けていくものですから先々無理がたたってしまいます。
される側も大変ですが、する側も大変です。
一生懸命になってしまうと、する側は無理をしがちです。
ですが、介護してくれる人が倒れてしまったら助けを必要としている方は困ってしまいます。
そんな時は無理して自分でやるよりも、便利な道具は活用したほうがよいです。

ですが、介護に使う用品というのは、高額なものも多いです。
ですから、介護をする方は無理をされてしまうわけですが、工夫をすれば、予算を抑えながら便利な介護用品を使うことができます。
介護用品はレンタルサービスを使うと便利です。

介護用品のレンタルサービス

レンタルサービスといっても、介護には何かとお金がかかりますから費用のことは気になると思います。
レンタルサービスには、必要な手続きをすることで介護保険を使うこともできます。
保険を利用するときには、介護度を判定してもらう必要があります。
介護度はレンタルのサービスを利用するときにも重要です。
レンタルサービスを利用するときの保険適用額が判定によって違うからです。

また、一般の保険を利用するときと同様に、自己負担額があります。
保険の適用を受けた場合の自己負担額は、基本的にはレンタル料の1割となります。
1割とはいえ、自己負担の費用が発生しますから、レンタルサービスを利用するときには資金面で計画的に実行する必要があります。

介護レンタル.comでレンタルできる道具は、ベッドやマットレス、車椅子やスロープ、歩行器や杖や手すり、在宅医療機器及びサポート用品やトイレ・バス用品などがあります。
必要なものを上手に選んで活用したいものです。

このサイトには、介護保険の利用手続きに関する丁寧な解説も用意されています。
始めての方にとっては参考になると思いますのでチェックしてみると良いですよ。

介護の注意点

介護のときに注意したいのが、介護度の判定が変わっていくということです。
将来的に判定が変わる場合もありますから、そのときに応じて介護保険を利用しての介護用品レンタルを利用するとよいですよ。

レンタルサービスを利用するときの最低契約期間は一ヶ月だそうです。
介護される方の体調はいろいろですから、介護用品のレンタルサービスは上手に活用したいものです。
必要以上にレンタルするのも考え物ですが、必要なものを我慢していて何かあっても困ります。

このサイトを活用して、いまの状態に合った必要な介護用品をレンタルしてみてくださいね。